#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) レスポンスを大切に

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

「心と位置」がレスポンスに表れる

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

「心」がレスポンスに表れる

レスポンスは、「応答。反応。対応。返事。」という意味です。
電話で連絡を入れた相手の方から、
その用件の重軽に関わらず、
「後程こちらから」、
「後でこちらから折り返します」、
「少し(ちょっと)したら」、
「後で電話入れます」
「来客が帰った後に」
「仕事が終わったら」・・・等々。
と相手からレスをもらえる日時を告げられず、
電話を終わってしまうことが多くあります。

例えば「何分後に、折り返します。」
と相手に言われたら電話した人はどんなに安心することでしょう。

このことは、電話に於けるコミュニケーションに限らず、
会話時の対人関係力、メールのレスにも言えることではないかと思います。

メールのレスが直ぐに返せない時、短く「今無理・〇〇時頃に」と、
メールをくれた相手へ思い遣る心でレスを入れることによって、
相手との安心感や気配りのキャッチボールになるだけでなく、
信用・信頼・絆の構築にも結び付きます。

一般には、知人や友人、取引先などから
メールで何らかの文書を受取った場合、
その相手へ受取った旨を伝え、
内容に関する言葉を返すのは当たり前の礼儀です。
些細なことですが、このようなやり取りに
相手に対する心の位置や意識が表れます。
メールを送った人は、ひと言の簡単な
返事のレスであっても安心感が生まれるのです。
レスの捉え方は、対面時の相手への
「はい」の返事と同様だと意識することです。

また、SNS( Line)などメッセージのやり取りで
よく言わる既読スルー(KS)したことが、
いじめやハラスメントの原因になるとも
言われますので心得ておくことも大事です。


メール用語の豆知識

取引先や知人、友人、先輩、上司、仲間からメールが来たら、
あなたは受取り確認(受領確認)のメールで、受け取りを表すどんな言葉を使いますか?
その言葉には
「受取りました・戴きました・受領しました・拝受しました・拝見しました」
と様々な表現があります

中でも「受領」には「重要なものを受け取る」という意味があります。
この「受領」を、更に丁寧に表現した言葉が「拝受」です。

また、「内容を確認した」という意味を伝達したければ「拝見」です。
一方、送り手のよく使う「査収」は、『よく調べた上で受け取ること』(広辞苑)の意味。
送った相手に、添付書類の内容を“確認”して貰うことを依頼する場合に使われます。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2592-6607eb51
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック