接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  日本人の「心の軸」

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

思いやる心の育成と表現「和以尊為」

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

        認める(≒共有・共感)活動と共に、人を思い遣る心の軸
心の軸 
などと言うことを、日々自省し、己の心と自問自答しながら生きることでもあります。


私たち日本人の「心の軸」を支えている「」は、
相手を「認める」(≒共有・共感)活動と他者との『調和』の心であると思います。

私たち日本人は、【和を以って尊し為す】即ち、

「自らが謙虚に遜り人を許し、

 人を生かして、共に調和して生きようとする心」


を持つ、国民性があると古より言われています。

この「認める活動」(≒共有・共感)ともいえる「調和」は、目的を同じくする様々な集団を一体化し、
単なる要素を組み合わせた総和を越え、想定外の大きな創造力(想像力)を生み出します。
現実としてそれは様々な伝統文化やスポーツ、芸能の社会にも表れています。

このような私達日本人ならではの人との「和」と「輪・環」
調和」を図る上で、日本独自の文化「おもてなし」はとても大切です。

円滑な対人関係を作れる人は、「先ず人のことを想う」ことで、
他人との「会話」「和」と「輪」、「調和」(協調)を重んじた言行をするようになり、
そして、他者を受入れ「認める」活動と共に他者を大切にするようなっていきます。

また一方で、この「調和」を重視するばかりに「曖昧することを良し」とすると言ったことも生じます。


    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2593-1a8b7509
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック