接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  【筋を通す】

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

Nippon人の【心の礎】それは人を想い・思う気持ち“思いやり”。そして「和」「おもてなし」の『心』。
2018新ロゴL

御訪問ありがとうございます。このサイトを御覧戴く皆様へ。

過去九年間に書いた三千近くの投稿が載ってます。記事右横のカテゴリー項目ですと記事が見つけ易いです。
人の「心」は,顔と同様に一人ひとり異なります。心の形・器の大小・感じ方・理解度も人様々だと思います。
こちらに載せてある「人の心や人間関係関連」の内容は,読む個々人に見合った項目や内容を選びお読み下さい。


ハート無題1s #思いやり ってどんなこと?ハート無題1s


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

人として【筋を通す】活動は

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

「けじめ」「筋を通す」1

・「人として正しいか否かを判断基準として決断する」

・「物事や人間関係の源(原点)を考えた後に行動する」

・「感謝の気持ちを、時・場所・人・雰囲気に合った一番適切な方法で伝える」

・「御縁を頂いた人やその方を紹介して下さった方の気持ちを大切にする」

・「予定を変更する場合は、早めに連絡し丁重に謝る」

・「約束事は、大小に係わらず守る」「何かして貰ったら、必ず返礼をする」

・「メールは受取った旨【拝受】、内容を確認したことの【拝見】を相手に伝える」

・「自分の発した言葉に責任を持つ」

・「一度やると言ったことは必ずやる」

・「その場しのぎの言訳や嘘をつかない」

・「不義理は決してしない」

・「表裏のある言動や態度をしない」

・「人の顔を潰すような言動をしない」

・「自分が悪いと思ったら、素直に謝る」

・「分度を弁えて出来る限りのお礼をする」

・「人の立場を危うくするような言動をしない」

・「協力してくれた人に、適時適切なお礼や感謝の意を伝える」

・「周囲の人に心配や迷惑のかかることは決してしない」

・「自分自身の揺るぎない指標(軸・信念)を持って言動する」

・「公平無私で判断出来、人と触合える」

・「相手のためになることを優先し選択する」

・・・など。
    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2595-3a7931f6
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。