おもてなしは「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 六波羅蜜を紐解く(3)-忍辱

おもてなしは「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
2016・6


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s「思いやり」ってどんなこと?ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

こちらに載っている殆どの記事は、現在までの実体験と学び、その中で得られた気付きから投稿しています。
思いやりや感謝・誠実など心に関する項目は、様々な人と触れ合う時の知識や一つの目安とし御利用下さい。
私的利用以外のコピぺ・転載は御遠慮下さい。無断での教材や営利を目的とした引用は禁止と致します。
使う際は、記事右、Categoryの上にある「問合せMail」でお名前・連絡先を必ずお知らせ下さい。

忍辱波羅蜜

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

六波羅蜜th

仏教においては、様々な苦難や他者からの迫害に耐え忍ぶことを忍辱(にんにく)といいます
この忍辱とは、他に対して寛容であり、どんな困難をも耐え忍ぶということです
持戒によって、歯を食いしばって教えを守るという単なる忍耐ということではなく、
そこに寛容さを兼ね備えることが忍辱の教えとされています。
キレ易くなっている現代の人間には、特に必要なことだと思います。

なお、定かではないが、現在「ニンニク」と呼ばれるものは、
この忍辱が語源となったとも言われています。
(出典不詳学びのメモより)

    ブログパーツ

    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2603-b439723a
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック