#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 六波羅蜜を紐解く(4)-精進

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
2016・6


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

こちらに載せてる記事は、現在までの実体験と人生後半の学び、その中で得られた自心の気付きや知恵です。
コミュニケーションや人財育成のポイント、自心の持ち方などがありますが押し付ける内容ではありません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は、人と触合いでの参考資料にお使い下されば幸いです。

尚、私的利用以外のコピぺ・転載は御遠慮下さい。教材-営利を目的とした無断での引用転載は禁止します。
使われる場合は、記事の右、Categoryの上にある「問合せMail」で、お名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

精進波羅蜜

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

六波羅蜜th

精進とは、たゆまず純粋に努力すること。
一時的な持戒や忍辱ではなく、
一心不乱に継続して努力することが精進の本来の意味です。

この精進ですが、「」という言葉は「混り気のない」という意味です。
例えば、仕事でも修行でも、意識や活動に何らかの混り気があっては精進とは言えないのです。
目標に向かって、ただ一筋に進んでいくことこそ精進なのです。

時には、一生懸命に一念心で事に当たっても、
結果が得られない場合や逆の現象が出たり、
外部から水をさされたりすることがあります。
そういうものは、大海の表面に立った細波のようなもので、
やがて風が止めば消えてしまいますので、
多少の困難は自分を試すための幻に過ぎません。
これは八正道正精進と同じ事です。
(出典不詳学びのメモより)


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2604-c9688744
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック