接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  六波羅蜜を紐解く(5)-禅定

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

Nippon人の【心の礎】それは人を想い・思う気持ち“思いやり”。そして「和」「おもてなし」の『心』。
2018新ロゴL

御訪問ありがとうございます。このサイトを御覧戴く皆様へ。

過去九年間に書いた三千近くの投稿が載ってます。記事右横のカテゴリー項目ですと記事が見つけ易いです。
人の「心」は,顔と同様に一人ひとり異なります。心の形・器の大小・感じ方・理解度も人様々だと思います。
こちらに載せてある「人の心や人間関係関連」の内容は,読む個々人に見合った項目や内容を選びお読み下さい。


ハート無題1s #思いやり ってどんなこと?ハート無題1s


禅定波羅蜜

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

六波羅蜜th

心の動揺・散乱を対冶して、心を集中し安定させ、真理を思惟することです。
禅定波羅蜜の「禅」とは「静かな心」、「不動の心」という意味です。
「定」というのは心が落ち着いて動揺しない状態です。

ただ、一生懸命に精進するばかりではなく、
静かな落ち着いた心で世の中のことをジックリと見る、
そして考えることが大切なのです。
そうすると、物事の本当の姿が見えてきます。
そして、それに対する正しい対処の方法もわかってきます。

その正しいものの見方、物事の本当の姿を見分ける力が、
次に掲げる第六番目の智慧です。
この智慧がなければ、結局の処、人を救うことはできません。

※学びのメモより転載

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2606-7771bba1
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック