接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  強い心の人?

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

“強い心”の人 【50選】

今年9月16日の記事 強い心・弱い心 の投稿の補足内容です。

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

強い心の人th

※触れ合った人と己の人生の体験から知り得たことから記しました。
※心の強さは、気が狂うくらい本気で真剣に、自分と向き合った先に生まれる、のだと思います。

1.[ ] 心行一致、実践垂範している
2.[ ] 艱難辛苦を克服でき、忍耐力がある
3.[ ] 苦難や辛さがあっても表に出さず笑顔でいられる
4.[ ] 自分の発した言葉に責任を持ち、その言葉の重みも自覚している
5.[ ] 喩え、年下の者であっても、己の過ちを認め、素直に頭を下げられる

6.[ ] 自分の評価は、人任せ。自分の評価は全くしない
7.[ ] 強靭な意思と強い信念を備えている
8.[ ] 自分の欲や煩悩に左右されない
9.[ ] 自分に厳しく、他人に親切で優しい
10.[ ] 損得意識抜きで人を立てられる(損得勘定で動かない)

11.[ ] 過ちを許す寛容寛大さを備えている
12.[ ] 正しい判断は「人として正しいのか?」と言うことに照らし合わせ下している
13.[ ] どのような状況下でも冷静沈着に対処でき、平常心を保てる
14.[ ] 他人に筋の通らないことをされるのは、自分に責任の一端があると認識できる
15.[ ] 己のした過ちは言訳をしないで謝罪する

16.[ ] 感情で人や物を見ない、判断しない
17.[ ] 恩着せがましい言葉使いや態度がない
18.[ ] くよくよ考えず切り替えが早い
19.[ ] 叩かれ潰されても起き上がれる(七転び八起き)
20.[ ] やる気、元気、勇気を備えている

21.[ ] 優しさ、思いやり、情けを自分に当て嵌めて表現しない
22.[ ] 自らの行いの責任を取ることは、人としての義務と認識している
23.[ ] 自分のやった事や言った言葉に最後まで責任を持つ。
24.[ ] 他者の批評批判、噂や蔭口に左右されない
25.[ ] 一度決めたことは諦めないでやり抜く

26.[ ] ゆとりを持ち思考、行動している
27.[ ] 相手に自分の当たり前や常識を押し付けない
28.[ ] 人とお金の価値は別であるという信念っている
29.[ ] 黙って行動に移す(優れた実行力を持つ)
30.[ ] 己に降りかかることを、世の中や人のせいにしない

31.[ ] 不平不満を言わず、投げやりにならない
32.[ ] 自分の在りたい姿を目指す(明確な目標)
33.[ ] 自分の弱さと向き合い克服できる
34.[ ] 人とのお付き合いで必要とされる自己開示が出来る
35.[ ] 虚勢を張らず、偽りの謙遜をしない

36.[ ] 周りの人の意見に惑わされず、流されない
37.[ ] 心身の姿勢が正しく、正義感が強い
38.[ ] 強き者に立ち向かい、弱き者を助ける
39.[ ] 人を見下したり、馬鹿にしたりしない
40.[ ] 豊かな傾聴力と立場転換意識を備えている

41.[ ] 立場や権力に溺れない(保身をしない)
42.[ ] 変わることを恐れず挑戦している
43.[ ] 金銭欲、物欲、色欲に溺れない
44.[ ] 過去の実績や名誉にすがらない
45.[ ] 立場や体制に流されない

46.[ ] 現実に目を向けて生きている
47.[ ] 今できることに目を向ける
48.[ ] 人のための行動を惜しまない
49.[ ] 物事の当たり前や常識を改めて見直す
50.[ ] 人に感謝を表す活動を進んでする


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2612-6c749595
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック