接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  人間力&おもてなしの「礎」を築く!!

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

人間力おもてなしの「礎」を築く講座 (1)

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

おもてなし人間力富山研修横

⦿講座のコンセプト

一人の人として社会で生き抜く上で必要とされる、
豊かな人間力おもてなしの心と技を身に付けるために、
自分自身と「向き合う」ことが必要だと感じていても、目の前の仕事や
日々の生活に追われ中々時間が取れないのが現況ではないかと思います。

また、社会人として当たり前の人間力や人との触合いに
必要な「もてなす心」の礎とも言える「思いやり」について
学ぼうとしても、そのような機会や場が少ないようです。

みんなから親しまれ、愛される人に共通しているのは、
「自分のためより、誰かのために」の心で自利を後回しにし、
先ず人を「思いやる心」と「感謝の心」を備え、
それを人との触れ合いや日常生活に生かしていることです。

現在、国内外で活躍し良積をあげているエンターテナーや著名な経営者の方々、
プロスポーツマンで結果を出している方、その皆さんに共通するのは、それぞれの人が
自分と向き合う」活動に自ら進んで取組み楽しみを見付けながらしていることです。

人間力おもてなしを自分に生かすためには、先ず、己の心を知り、理解する方法として、
この自分自身と真摯に「向き合う活動」に取組むことから始めることです。

このような人間力ともてなす心の「礎」を築き、それを生かす知恵や技を学ぶ講座です。

【講座の特長】

今自然環境が想定外の活動をする中、
私達は人との結付きや繋がりをより強くすると共に、
どの様な状況下でも挫けることなく、
果敢に立ち向かって行ける強靭な心を育みながら、
周りの人々との繋がる「絆」を創って行かなければなりません。

様々な人生体験をしてきた今だからこそ、
個々人の個性に合った「強い心」を育むために、
細やかながら何かのお手伝いが出来るのではないかと考え、
この「人間力&おもてなしの礎を築く」講座を開くことにしました。

学びの方法は、流れが速く、溢れるばかりの情報の
選択が難しい時代に合わせ一過性にならない【新しい形】で行います。

この講座では、受講されたその時の印象や感情よりも、
参加されたひとり一人の皆さんが、偶々時間が取れたり、
調べたいなぁ、知りたいなぁと思ったりした時に、
自学自習出来る教材(ドリル・テキストデータ)などを用いて学びを進めます。

“「心」も「技」も、基礎が確りしていれば、
      総ての人間関係に役立ち、結果も出せる。”


これは、長年に渡り人に関わる仕事(サービス業)に
携わって来た中で得られた私なり答です。
地元の高校を卒業し、社会に出て40数年、
前半から中盤は実務中心、後半は知識の学びをして参りました。

同時に、自らの欲望や煩悩、感情を自制することの大事さ、
人と人との繋がりの大切さ、人を大切にすること、感謝の多大な影響力、
思い遣る心の重さ大事さ、自己開示の必要性、
自他と向き合うことの大切さ、と言ったことを、
自らの気付きとして沢山頂戴しました。

数多くの人々に生かされ、生きて来られた人生で、
多くの人々が当たり前に弁えていると勘違いしている
「信認」・「思い遣り」・「感謝」「謙虚」・「誠実」・「立場転換」
と言った心を構成する要素の知識を備えていたら
豊かな人間関係作りに大変役立つと確信しました。

このような要素を心に備えて置くと、
他者や物事を観る心眼を育め、理解、認識出来、
深く心に落とし込めると多くの人々との交わりで気付かされました。
前以てこのような知識を理解し、備えて置くと、即座に物事が理解出来、
同時に人間の心の分析や人として正しい行動が理解出来、
確りと心に身に着けられると実感しました。

このような体験からの学びや体得出来たことを、
これからの日本を担って行かれる皆様方にお伝えして行くための講座です。

◎講座のあらまし

この講座は、今月より月一回開催(全8回)の予定で、以下のテキスト(データ)内容を学んで行きます。

【初回講座内容】

1.人間力を知る

 ・人間力とはどんな力?
 ・自分と向き合い自分自身を知る
 ・直ぐ役立つ人間観察法と社会人の心得

2.おもてなしとサービス

 ・おもてなしは思いやり
 ・おもてなしに必要なスキルは?
 ・直ぐに出来るおもてなしの活動

□日時 10月18日(日)/10月25日(日) 
     時間は共に13時~14時30分
     二回目以降は、初回参加された皆さんと御相談の上、場所時間を設定致します

□定員 学びの精度を高める為に【6~8名様程度】

□参加費(お一人様)

・初回受講料・・・・・・・・・・・・・・・¥1,000 (税含)
  ※二回目以降の受講料・・・・¥2,000 (税含) 
・毎回教材代(ドリル・テキスト)・・・¥1,000 (税含)
・基本教材(初参加特典40%引) 
 テキストデータ入りC.D(カスタマイズ可)・・・特典価格¥3,000 (税別) 
 ※テキスト(データ)を御希望の方には講座の前に、メールに添付してお送りします。
  内容=おもてなし・心の礎の各手引き、語彙・熟語解説=A4.400頁程度 

開催場所 
〒320-0032 栃木県宇都宮市昭和2-2-7  TEL:028-623-3455
   ◇とちぎボランティアNPOセンター「ぽ・ぽ・ら」
   ◇ぽ・ぽ・らの地図

講師  Humane-Adviser  基みのる

主催「心の礎の会」
********************************
□お申込み方法
 右のカテゴリー上にある問合せメールにて、
 18日か25日のいずれかの日を選択の上
 お名前と連絡先、メルアドを記入され申し込み下さい。
 
 あるいは、こちらの「こくちーず」からもお申し込み頂けます。
 *こくちーず
 受付人数が少ないので、お早めにお申し込み下さい。
********************************
 【締め切り】18日開催分は、16日18時まで。
        25日開催分は、23日18時まで。 
        なお、参加者が、「3名様」に満たない場合は後日に順延します。
********************************
この講座では、以下(下の続きを読むに記載)のような人間力とおもてなしの基礎となる
知識と知恵・技などを、体験を元に解説します。



    ブログパーツ
    学びの内容

    ◎テキスト(データ)の記載内容

    A.【おもてなしの手引き】

    初めに・・・・・サービス・ホスピタリティ・おもてなしとは

    〇時代は「モノ」から「コト」への変貌
    第一章 なぜ「おもてなし」が必要なのか?
    第二章   おもてなしの基礎
      1.「おもてなし」の基礎知識
        「おもてなし」の語源と由来
      2.「おもてなしの礎」
        〇おもてなしの心の原点「主客一体」
        〇「おもてなし」の基礎知識
    第三章 「おもてなし」の心の実践(初級編)
    第四章   「おもてなし」の心の実践(中級編)
    第五章    最高の「おもてなし」の実践(上級編)

    B. おもてなしの手引き―【言葉と熟語の手引き】

     1. おもてなしのマインド
     2. サービスの語源 
     3. ホスピタリティの語源
     4. おもてなし原義(辞書検索集)
     5. 日本のおもてなしの語源

     6. 四文字熟語の解説
     7. 応対と対応
     8. 心の基礎体力
     9. ライフスキル
     10. 心の知能指数(E.Q)

     11. 侘び・寂び・さり気なく・何気なく 
     12. 利休七則
     13. しつらえ(設え) 
     14. 守破離とおもてなしの心
     15. 主客一体

     16. 和敬静寂
     17. 一期一会
     18. 因果応報
     19. 報本反始
     20. 足りるを知る

     21. 己に克つ【克己】
     22. 「五配り」+「気働き」
     23. ≪にんげん力≫
     24. 『正しい』と言うこと、その判断基準
     25. 八正道の解説

     26. 三現主義は「五現」と「五原」
     27. 三味一体「人・物・店」
     28. 心遣いと気遣い
     29. 傾聴力
     30. 十の徳目【仁・義・礼・智・信・忠・孝・悌・忍・畏】の解説

     31. 無財の七施と「にんげん力」
     32. 二宮尊徳の教え 
     33. 物欲、性欲、食欲の三大煩悩
     34. 四苦八苦の解説

     35. 盲亀浮木の譬
     36. 二分の一の法則
     37. 『はい 』の返事 
     38. 「仁」を以って貫く
        ・・・・・他。

    C.【心の礎の手引き】

      №1.心のエンジン
      №2.にんげん力と人間力
      №3.自分と向き合う

      №4.モラル
      №5.全ては【認める】から始まる
      №6.思いやり(思い遣り)と優しさ

      №7.立場転換
      №8.感謝
      №9.謙虚さと謙遜

      №10.安心感・信頼・絆
      №11.礼節とけじめ
      №12.傾聴力・・・他。
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2625-69ed854c
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック