#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 社員心得(サンプル)

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

社員心得-サンプル(抜粋)

社員心得

これは、以前に作成したとある会社の社員心得から内容の一部分を転載しました。
今年一年を振り返る為にも使えます


1.一般常識を身につける

常に新聞、雑誌、ニュース等から、最低限の世の中の流れや常識は把握しておくこと。

2.挨拶は、アイコンタクトして、シッカリ

「おはようございます、こんにちは、こんばんわ、お疲れ様です、いってらっしゃい、おかえりなさい」
相手の目を見て、名前を呼んで、はっきり言いましょう。

3.感謝の「ありがとう」と誠実な「ごめんなさい」を伝える

人に迷惑をかけたり、失敗したりした時は、
素直に「ごんめんなさい」「申し訳ありません」と言える人間になりましょう。
人にお世話になったり、嬉しいことをしてもらったりした時は、
「ありがとう」「有難う御座います」とシッカリ言える人間になりましょう。

4.機知に富んだ活動(言動)

何をするにも、思考と行動を同化させましょう。
何も考えずに行動を起こすのと考えながら意識し行動をするのでは身につき方が違います。
所詮、自分には無理だと諦めずに、「こうするんだ!」「こうしたい!」「こうありたい!」と常に念じる事です。

5.常に謙虚に感謝の気持ちを忘れず

自分がどれだけの地位になろうが、どれだけ仕事ができようが、決して自分独りの力ではありません。
それまで支えてくれた人達に直接、間接を問わず、皆の支えが合っての現在のあなたです。

6.常に気配りと配慮を

どんなシチュエーションでも、仕事中は気配りをしましょう。
食事をしていようが、お酒を飲んでいようが、気を抜いてはいけません。

7.揺るぎない自信と信念を持つ 
何かひとつでも、他人より優れている、他人には負けない、と思えるものを持ちましょう

8.積極的に歩みよる

名前を辛うじて覚えている程度の方や、誰かが連れていたお連れさんなど、
多少でも面識がある人には、こちらから積極的に笑顔で挨拶し、話かけましょう。
自分が逆にそれをされた時を思い浮かべてみて下さい。
相手の方や、その背景にいる方々にどのような印象を持つでしょうか?

9.自分の為に仕事をする

まずは自分自身の成長の為に仕事をして下さい。
あなたが仕事を覚え、活躍することにより、会社は発展を遂げ、上司の刺激ともなり、
同僚も負けじとなって頑張り、部下の目標ともなり得ます。
しっかりと数字を出している人や、本当に会社を支えたり、バランスを取っている人は、
自ら言わずとも、上司、同僚、取引先、全ての方が見ています。

10.出来ないとやらないは違う

世の中に、不可能はあまり存在しません。
ただプロセスの段階で時間がかかったり、不足要素が多かったり、
実現までの道則が険しく、達成が難しいことは多々あるかと思います。

11.人のせいにしない (責任転嫁をしない)

人は何かにつまずいたり、失敗したりした時、どうしても人や環境など、
自分以外の何かしら他のモノのせいにしがちです。
どのような状況、立場であれ、最終判断を下すのは、常に自分だということを忘れないで下さい。

12.時間を守る (時間厳守は思いやりのモノサシ)

一年を週にすると約52週間です。
さらに祝祭日を除いた平日、ビジネス稼動日は35週間程度しかありません。
約束の時間を守らないということは、約束をした相手を待たせるということになります。
すなわち、相手から貴重な人生の時間を奪っていることになります。
たかが、10分、15分の遅刻と侮ってはいけません。人の一生は限られています。
時間を守れないということは、相手の貴重な人生のひと時を奪うのみならず、
相手からの信用も、同時に失うことになります。

13.約束を守る (約束=責任を果たす)

時間を守ると重複しますが、常日頃から、約束は絶対に守りましょう。
ビジネスとしても当然大事ですが、人としても大事です。
出来ない約束はしない、約束したからには必ず守る。

14.一体感を持つ (仲間意識を持つ)

営業、経理、総務など、企業や組織には色々なセクションが存在します。
自分がどんなセクションのどんなポジションであれ、また、どんな業務内容であっても、
外部の人間(取引先や顧客)から見れば、同じ企業、同じ組織、一つの社格(人格)として見られます。
電話の対応一つや、挨拶の仕方一つで企業が判断されます。
自分の担当部署ではないから、自分には直接関係ないといった考え方は捨てて下さい。
企業や組織に属している以上、皆さんは同じ目的を持ち、同じ方向を目指して行く仲間です。

15.細部にこだわる(気遣う、気働きをする)

来客された方が、気付かないような細かい所にもこだわりましょう。
社内のちょっとした汚れや、ゴミくず等も気が付いたらきれいにしましょう。

16.報い、認め、讃え合う (承認は人間関係の始点)

人の悪い所や、間違っている所を指摘するのも確かに大事です。
しかしそれ以上に大事なのは、誰かが良いことをした時や、
すばらしい仕事をしたら、認め、讃えましょう。
複雑な感情も入り、なかなか素直に評価するのは難しいこともあるかと思います。

17.他人の長所を見つける(コミュニケーションの基礎)

この世の中に、100%誰から見ても完璧な人間なんて存在しないでしょう。
誰であれ、良いところも、悪いところも持ち合わせています。
人の短所は嫌でも目に付くので、見つける事は簡単でしょう。
難しいのは良いところ、優れたところ、長所を見つけることです。

18.人は財産

一緒に働いている仲間、取引先のスタッフ、仕事を通じて出会った全ての人達が、
あなたの大切にしなくてはならない財産です。
これから先、あなたがどんな仕事をしようが、どんな人生を歩んでいこうが、
知り合った方々は、お互いにとって、時には良きパートナー、時には良きアドバイザー、
時には良きライバルとなり、大きな力になる、なれる無限の可能性をおおいに秘めています。

関連記事
スポンサーサイト
 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2656-6c10f476
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック