接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  今年を顧みる (3)-誠実さ

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

「誠の心と活動」を省みる

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

誠実さ・誠実

人間力の大切な要素と言われる、「心技体」は
『心磨き、技錬り、身体等し』を表していますが、
今の日本社会では、自分の器を知るために内へ向かう内観より、残念ながら
外へ向けられる対人関係力の「技=テクニック」を身に付けることに注目されています。
しかし、この対人関係力の様々な「技」は、心が磨かれてこそ発揮出来るのです。
人は、対外的な要素や対人関係の技(=テクニック)で、
一時的に、何らかのご縁でその人に関われたとしても、
それだけでは決して継続的な良いお付き合いには繋がらりません。  
良い人間関係には「人として誠実だ!」と言う、
その人への深い信頼関係がなければ、いつかは心が離れてしまいます。
スキル、技術や知識と言ったものに代表される「専門性」は時代の進歩と共に、
必ずや古くなり色褪せ壊れてしまいます。
誠実さ」のように人としての本質やあり方、
深い「人間性」は、五拾年先百年先になり、
どんなに時代や環境が変わろうとも、人が人間である限り普遍です。
体験からですが「誠実さ」がどんなことかを知り、
その実践法を身に付け、日々無意識に当たり前なこととして習慣的に行うことで、
それは必ずその人の「一生の宝」となり「魅力」や「幸せ」にも繋がります。


誠実さを省みる】

【診断基準・採点】よく出来る=◎.出来る=〇.少し有る=△.無=×.

※1.※2.印で診断することも役立ちます。
※1.理解認識度  [良=2./並=1./不足=0]
※2.感情・環境   [左右されない=2./やや左右される=1./左右される=0]


一. 【  】心と言動に裏表がない
一. 【  】利他、愛他の心と活動が出来る
一. 【  】自己犠牲(奉仕)の精神を備え、行動する
一. 【  】真心を持って人や物事に対する

一. 【  】義務感と責任感を備えている
一. 【  】謙虚な姿勢態度と言葉使いが出来る
一. 【  】誰に対しても礼節を持って接する
一. 【  】心と身体の姿勢が正しい

一. 【  】話す内容に一貫性がある
一. 【  】言行(言動)一致がしている
一. 【  】報告・連絡がキチンと出来る
一. 【  】感謝の心を進んで伝えられる

一. 【  】正直である(嘘がない)
一. 【  】素直である
一. 【  】真面目である
一. 【  】真実を貫ける

一. 【  】その場凌ぎをしない
一. 【  】言い訳をしない
一. 【  】期待を決して裏切らない
一. 【  】相手に見返りを求め、望まない

一. 【  】相手によって、会話内容や態度を変えない
一. 【  】いつ誰に対しても変わらない挨拶ができる
一. 【  】約束した時間やどんな小さな約束でも、必ず守る
一. 【  】依頼されたことは間違いなく行う

一. 【  】小事を疎かにしないで、一所懸命行う(全力を尽くす)
一. 【  】正しい基準、判断力を備え持っている
一. 【  】相手を思いやるマナーを弁えている
一. 【  】感情のコントロールが出来、常に不変な精神状態を保てる

一. 【  】以前に話した内容と、現在の話の内容が違わない
一. 【  】その場に居ない人のことをあれこれと批判しない
一. 【  】他人に求め、望んだことを自ら行っている
一. 【  】自分に否がある時にも、素直に謝る心を備えている

一. 【  】過度な自慢話や自己顕示をしない
一. 【  】相手や仲間に言うべきことは伝える勇気を持って実践する
一. 【  】自分の事情で周りの人々に接しない
一. 【  】相手やТPОを弁え、自らの想いや感情は素直に出す

一. 【  】話し合いの場や会話を独占しない
一. 【  】相手のためになり、成長に役立つことは熱く真剣に話せる
一. 【  】先ず相手のことを第一に考える
一. 【  】感情、煩悩をコントロール出来る

◆皆さんは、〇と◎が幾つありましたか?



    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2669-88073314
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック