接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  目標計画のスキル「自立心」-人間力

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

自立心は目標計画力を育む

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

目標計画の人間力s

自分を信じる、即ち【自信】を持つことは、「夢」や「希望」の元であり、自立心の源です。
この自立心は、社会人としても、企業人としても成長の礎であり、
揺るぎない信念を支え、対立や不遇など様々な困難に耐える“バックボーン”です。

それは、一人の人間として、重大な責任能力を授けてくれる成長のサプリメントです。
その為には、
「〇〇〇をする時間が足りなくて困るんです。」
「忙しくてゆっくり考えられないのです。」
「文書を作る余裕がないんです。」
と言ったこと(言訳)を口にしないこと、自分の心に嘘や言訳をしないことです。

この自立心は、活動や意思決定を行う際に、
他者に指示・命令をされなくても、自ら進んで積極的に出来ることを言います。

また、何のため(何故)するか、と言う目的認識の下目標を如何に選び、
どう達成するか実用的な計画を建てることまで含まれています。
目標・目的の内容を明確にし、6W3H・P.D.C.A.で実用的な計画表やタイムテーブルを作り、
必ずやり遂げるという信念と自分の時間や才能を最大に生かせる「自立心」を持つことです。

そう言ったことが、信頼や繋がりを創り出し、その結果として、多くの人々より支援やサポートを受けられることになるのです。
もう一つは、判断を即座に下すことの出来る習慣の持ち主になることです。
自信の元の自立心と勇気は、部下の訓練や日常の関係を通じて、部下に伝わって行きます。

また、この自立心は、自主性とも言い換えることが出来ます。
強い信念、自信と向上心は、大切な人、お客様、仲間と信頼の「絆」を創り出します。

◆目標計画のポイント

1.何故、何のためにと言った目標を明確かつ具体的に決めること。
  「私は達成したい」でなく、具体的に6W3Hで達成するかを正確にすることです。

2.目標達成のための実際的な計画を作る。
  自分の体験、仕事上の知識を全て生かして計画の礎とする。

3.自分自身の能力と建てた計画に対して、強い信念と計画に自信を持つようにする。
  この信念と計画で、計画実行にハッキリ目標が目に見えるように明確にする。

4.失敗を繰り返しても悲観しないでポジティブに捉え乗り越えるようにする。
  仮に何かの障害の為、計画がつまずいても、その時これなら出来ると言う、
  確信を持てる別の計画を練り直すようにする。

5.他人の言動に惑わされない。
  非難を受けたり、一所懸命に努力していることを、他人の声に惑わされないことです。

6.自分の活動には、時間制限はないと捉える。
  成功の為に必要なあらゆる時間を惜しまないこと。

7.一つの事に集中する事を心掛ける。
  乱雑な心では、考えや創造力を捜しだせません。
  周りの環境や他の物事に気にせずに、自らの仕事に集中するように努めることです。

8.出来上がったら、進捗表作成や内容の再確認と共に、社会人として正しいか?
  企業人として職責に合っているか?人としてどんなことが身に付くのか?
  と言ったことに照らし合わせて再確認することを怠らないようにします。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2696-39cc2a95
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック