接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  おもてなしのマインドと活動(新)

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

おもてなしのマインドと活動【50選】

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

おもてなし新11

【診断】とてもある=◎・ある=〇・どちらとも言えない=△・無い=×

1. 人の嬉しいが、自らの喜びと出来る。[  ]
2. 人は一人で生きられないと捉え活動している。[  ]
3. 人が好き。≒性善意識を持つ。[  ]
4. 人と触合っていると心が和む。[  ]
5. 恩返しの意識で人と関われる。[  ]

6. お陰様の意識で人に触れ合える。[  ]
7. 人と関る活動を心から楽しめる。[  ]
8. 愛他・利他の心を理解し備えている。[  ]
9. 自分のことより他人のことを優先して思考し活動出来る。[  ]
10. 奉仕の心を持ち、その活動が出来る。[  ]

11. 親切心を備えて活動できる。[  ]
12. ポジティブ思考の会話、活動が出来る。[  ]
13. 人の痛みを自分の痛みとして捉え活動出来る。[  ]
14. 人様に役立つことがないだろうか、をいつも意識している。[  ]
15. 困っている人を放っておけない。[  ]

16. 自らの感情や我欲を自制し、人と触れ合える。[  ]
17. 私利私欲(私心)なく人に尽くせる。[  ]
18. 誰にでも温かな心で平等に接する。[  ]
19. 決断や断る勇気を備え持ち人との触れ合いに生かせる。[  ]
20. 人として何が正しいのかを判断基準と出来る。[  ]

21. 人の笑顔や嬉しい顔を見ることが好き。[  ]
22. 人に笑顔に成って貰うことが自らの喜びに出来る。[  ]
23. 人の嬉しいを自らのエネルギーに出来る。[  ]
24. 人に親切にすることが好き。[  ]
25. 人を生かすために自らの五感を磨いている。[  ]

26. 人に対しての感性、愛情と情熱が豊か。[  ]
27. 寂しそうな人を見ると、何らかの声を掛けたくなる。[  ]
28. 人の良い処を見付けたり、感じ取ったり出来る。[  ]
29. 人との触れ合いは、信認の活動を礎としている。[  ]
30. 親しみを以ってお世話することが好きである。[  ]

31. 行動は、何気なさ、さり気なさと言った自然さに重きを置ける。[  ]
32. 人の為なら、自分が苦労しても良いと思える。[  ]
33. 喜びや嬉しさを共感、共有することを生甲斐と出来る。[  ]
34. 御縁を大切にし、絆を創れるよう意識し、その活動が出来る。[  ]
35. 触れ合う人の安心感(不の排除)を意識して活動出来る。[  ]

36. 良質な人間関係構築に前向きで、チャレンジ精神を備え持って活動出来る。[  ]
37. 二分の一の法則を自覚している。(人に何かをさせるのは自分自身)[  ]
38. 守破離の心で己を見られる。[  ]
39. 和顔和心で人と触れ合える。[  ]
40. 和敬清寂の心を理解し活動に生かしている。[  ]

41. 曖昧な言動は誤解の元と自覚出来る。[  ]
42. 人との関わりに「和を以って尊しと為す」の心がある。[  ]
43. 侘び寂びの意識を備え持っている。[  ]
44. 一期一会の心で接しられる。 [  ]
45. 当たり前のことを愚直に続けられる。=凡事徹底[  ]

46. 誰に対しても、いつも感謝の気持ちを忘れず表せる。[  ]
47. 何事何人にも感謝の気持ちを表し、伝える活動が出来る。[  ]
48. 人を思い遣る心を備え持ち、公平に言動している。[  ]
49. 人に対し、積極的に挨拶や一声が掛けられる。[  ]
50. 挨拶時、相手の心身の状態を洞察(察知)出来る。[  ]


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2699-67892aca
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック