FC2ブログ
avatar image

文字の心を知る

文字に隠された心を知る

研修や育成の場で、態度や行動について説明してきた体験から記事にしました。
その中でハキハキとかキビキビなどの単純で誰でも知っている言葉の意味を、判り易く説明し、
本人に気付かせることにより、仕事に対する姿勢が大きく変わるのを目のあたりにしてきました。
以下は指導の過程や実体験した内容や説明を記載して参ります。


印はあくまで、私の個人的な解釈です。 

ハキハキ (言葉使い・言葉遣いの際に使う)
 辞書検索すると生き生きとして、元気のよい様を表わす。とあります。
このハキハキは即ち【覇気】を表わしていて、物事に積極的に取り組もうとする意気込み、
 人の上に立とうとする強い意志を表わしていますので積極的な言葉遣いの際に大事な事です。
 ですから、話す時、相手に【覇気】が伝わるように、ハッキリ、力強く話すことがハキハキなのです。
 この覇気を発揮することをハキハキと説明しています。覇気・ハッキリ=ハキハキ
 ハキハキとした言葉遣いはお客様と接客スタッフ、お店との「絆」を作る大切な要素の一つです。

キビキビ (仕草・態度・動作の際に使う)
 人の動作や話し方などが生き生きとして気持ちのよい様
機微=表面だけで知ることのできない、微妙な趣や事情を察することと、
  機敏=素早い言動、時や場所に応じて素早く判断し、行動することを指す。
  機微機敏=キビキビ

テキパキ(仕草・態度・動作の際に使う)
処理や対応がはっきりしていて、歯切れのよい様を指す。
適切な状況・目的などにぴったり当てはまること。その場や物事にふさわしいこと
適切・適度・適時と覇気を表現する際の仕草・態度・動作を指す。
  適覇気=テキパキ

イキイキ【生き生き・活き活き】 (表情・仕草・態度・動作の際に使う)
活気活きとした表情を生かす。
意気 =心意気(何かをしようとする積極的な心持ち。気構えや元気。気持ちの張りの強さ。)
 を生かして表現する。
生きた言葉、活気がありメリハリある仕草・態度・動作を指す。
 【意気活き/生き・生き活き】

シブシブ(表情・仕草・態度・動作の際) 
(渋々)気が進まぬまま、しかたなく物事をする様。嫌々する様。を意味し渋い表情、
  元気のないのろのろとした渋い感じの仕草・態度・動作を指す。

ブスブス (言葉使い・言葉遣いの際) 
無粋を意味した仕草・態度・動作の際に使われ、不平・不満を小声で言う様なども指す。
  無粋とは世態・人情、特に男女の間の微妙な情のやり取りに通じていないこと。
  また、そのさま。遊びのわからないさま、面白味のない様なども言う。 


参照》大切なお客様へは「N」「H」「K」「T」「V」で
ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 対人コミュニケーション | Genre: ビジネス

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback