接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  人と繋がり、和す「礎」

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

社会人の義務と責任を果たす

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

社会人の義務と責任s1

最近、少なからず実体験していることの一つに、
「自分の発した言葉に、責任を持つ」
意識と活動について気掛りなことがあります。

それは、人を人間として認めない見ないふりや無言の態度、
忘れたふり、メールなどのスルー(既読スルー)などのことです。

そのような「認めない活動」をする人の殆どは、
自信過剰、優柔不断、保身、意志薄弱、自己中の判断、
或いは、これはと言う人に自分を認めさせたいが故の活動、
という自分自身を顕示する意識とプライドが強く、
自分のしたことの何等かの見返りとして認めて貰おう
と必死になっている人も中にはおります。

そのような人に、触れ合う相手に対し、私利私欲(相手のためになる)のない、
無心の認める活動が「信認」に繋がることを自覚してもらいたいものです

即ち、まず自分から積極的に相手を認める活動をする
与えよ、されば与えられん」の如く
認めよ、されば認められん
見止めよ、されば見留められん※見留は自作
なのです。

最近、経営者や責任者、また人を管理指導育成する立場の方々と会話で、
検討する時間や相談する時間が必要で即答できない内容があります。
「時間を作って、改めてこちらから連絡します」
「忙しい○○の行事が後に、日程を知らせます」
「仲間と打合せて、改めてお知らせします」

など、何らかの形での連絡・報告やレスポンスが必要とされるやり取りです。
そのようなやり取りの中で大切なことは、『自分の発した言葉」に責任を持つ』
即ち、「有言実行」の様々な活動をすることです。

※「有言実行」・・・口に出したことは、何が何でも成し遂げるということ。
 「有言実行」 は 「不言実行」をもじってできた語。
 同義語に「言うは易く、行うは難し」がある。

塩鉄論……利議から
 「口で言うのは容易いけれども、それを実行することは難しい。」
 この言葉には、捉え方が二、三あると考えられます。
 一つは、言葉通りの意、他には相手から自分を守るためや其の場凌ぎの意などです。
 最初の意の言葉の場合は、伝えた相手を認めていることと共に、
 それを聞いた相手の何らかの期待感を生み出します。


今迄の様々な人と触合いの体験から、
この「有言実行」の活動を信じ、仕事や他人に真面目に取組む人程、
この言葉を重く真摯に受け止め、様々な期待感を抱き連絡を待っていると思われます。
しかし、いつまで経ってもその言葉が実際にされないと、
発した人へ不安や不信感を抱く誘因や動因にもなります。
若し、何らかの事情で伝えるために時間を要する場合は、
不安を与えないためにも適時適切な中間連絡をすることも心掛けることです。

この言葉を発する人が其の場凌ぎ言葉として使う場合は、
其の場だけでもいい人と思われたいと意識する人、
お調子者であったり、感情的な言動であったりする人
保身のため相手への距離を置きたい
と言う意思の現れなどの場合が多いようです。

何れにしろ、人との触合いに於いて、
喩え相手が自分の意にそぐわない人物であったとしても
自分の発した、言葉の重さを弁え、責任を持つ。」こと、
善し悪しに関わらず、自分の意思をキチンと相手に伝えることは、
社会人としても人としても大切ではないでしょうか。

その結果、相手が離れたり、縁が切れたりしてもよし、
と捉えることも必要だと思います。

また、報告や連絡、メールのレスがない場合
落ち度や不謹慎な言動がなかっただろうか?
と己の言動を平らな気持ちで省みてみることが必要な場合もあります。

おもてなしの心を持つ日本では、子供の頃に親から
「自分の言うことに責任を持ちなさい」
「何かして貰ったら、ありがとうと言うのですよ」
「間違ったことをしたら、ご免なさいと謝りなさい」
などと躾られたり、教えられたりします。

しかし、大人になるとその大切な教えを自尊心や忙しさ、
利害関係や好き嫌いなどで実際に行わなくなることも多いようです。
そして、そこには人間の欲とも言える当たり前に「見返りを期待する」心が存在します。

他者を「持て成す」純な心を持ち、このような見返りを期待せず、
私心の無い「認める」「感謝」「人や社会への情けや施し」など
互いが信認できるよう、積極的な活動に心掛けたいものです。


※日々の小さな心掛けとして【言葉の重さ】の認識も大事です。 


    ブログパーツ 
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2705-45db54d4
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック