接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  謝意の伝達

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

「感謝」と「謝罪」を伝える

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

謝意の伝達s

※【謝意】感謝の心。 過ちを詫びる気持ち。謝罪の心。
    
今の日本社会環境は、「個」を優先し、個々人の安心・安全・保身をと大切にする傾向があります。
この「個」を何よりも一番に考えること、言い換えるなら、利己的な要素や要因を如何にして解決し、
解消して行くのかが、これからの社会全体の課題ではないかと思われます。

古より日本人は、シャイな性格であり、自らの保身の為や他人の思惑を優先して考える傾向や、
イエス・ノ-の返事をハッキリしないで曖昧にすることを美学と考える国民性があります。
同時に、多少に関わらず生き方や人間関係に不安を持っている人達が一番先に求め望むことは、
自他を認め、感謝し合うこと、安心感を与え合うことと自覚し、心に留め置くことだと思います。

その様々な不安を解消するには、シャイな気持ちを外し「有り難う」と「御免なさい」と言う【謝意】の表現伝達、
他者を想い、相手を大切にし、思いやる利他心の意識を持つことです。
それには、先ず心の原点『思いやり』、『優しさ』、『感謝』の心を日々の生活から学び知ることです。
現代社会では、他者との心の繋がりや結付きに大切な会話や電話、メール、文書などのやり取りや
仕事上での報連相をする際や返事をする時に、何時どんな方法での言葉を入れずに伝え合う。

これらの曖昧で不明確な言葉をメールや会話で頻繁に使う人は、自分が知らない間に、
その相手に安心感ではなく、不安感を味あわせている場合が多いと思われます。

相手にもよりますが、S.N.SツールのF.B.やミキシィなどの場合は特に注意を払うべきだと思います。
そのために、先ずあなたが、聞いたり読んだりする人の気持ち(立場)になって考えてみることです。
日々の人との触合いやビジネス上でも、互いが「謝意」「安心感」を与え合うことはとても大切ですので、
「謝意」「安心感」のキャッチボールを心掛けることが円滑な人間関係を築く為にも必要です。

普段の、生活でも謝意や安心感を与えたいと思い無意識の内に何気なく発した一言が、
逆効果となり、相手に不安を与え、強いては自分の不信や損失に繋がることもしばしばあります。
特に面識や繋がりが希薄なその人との初期の段階は、言葉選びに注意を払うべきです。

寂しがり屋で孤独な人、
受け身で積極自発性に乏しい人、
自信や信念の持てない人、
自分の外見に自信がない人、
孤独な人や不遇な人、
いじめを受けている子供や孤独なった老人ほど、
謝意や安心感の言葉や活動のキャッチボールを求めているのです。

現代の社会生活でメールは欠かせないツールに成りました。
しかし、人として温もりを伝え合い、繋がり、支えられ生かされ、
日々生活して行く上で果してメールだけでよいのでしょうか?

特に初対面時や触れ合う期間が短かった場合、
メールだけで判断したり、謝意を伝え合うのは如何なものでしょうか?
このメールだけを使うことが多い、出会い系サイトやS.N.Sに於いて、
誤って理解したり、時に犯罪に繋がったりしてしまう場合が無いとは言い切れません。

大切なのは、感情と温もりを持ち、人格や個性が表れる顔付きを持つ
人間が使うものだと言うことを自覚認識することだと思います。

メールは、少子高齢化社会に入った現在、人との和や繋がりに欠かせないツールですが
人らしさが表れるように上手く使うことだと思います。


【問】 皆さんは、現在の情報社会でこのような【謝意】をどんな方法や手段で相手に伝えますか?

① 伝えるために適切な日時を判断、ツールの選択をする
② 先ず相手の状況を考え、何を使うかを選択する
③ 此方が詫びなければならない際はスルーする

④ 相手を自己判断し、メールと電話を使い分ける
⑤ 自利(見返り)を考え、メールと電話を使い分ける
⑥ 感謝を伝える際は、メールを使う。

⑦ 感謝を伝える際は、電話を使う。
⑧ 謝罪を伝える際は、メールを使う。
⑨ 謝罪を伝える際は、電話を使う。

⑩ 感謝・謝罪共にメールで形だけで伝える
⑪ その内容により、メールと電話を使い分ける
⑫ メールか、電話か、どちらかを先にして併用し伝える

⑬ メール、電話、手紙(文書)、面会、他者からの内、二つ以上を使って伝える
⑭ 盆暮れの挨拶状、贈答品を送る
⑮ 季節毎に挨拶状を出す


〇感謝の心の表現と伝達の【ポイント】

感謝は自分が思っているだけでは相手に伝わりません、大切なのは伝え方です。
それは、リアルな言葉(声の表情・入魂)や態度にして伝わり、その心が活かされます。
感謝は、お陰様でや有難いといった心の支えだけでなく、形に現して伝える時もあります。
時には勤労やボランティアと言う活動で現したりもします。

【ポイント】

1. 感謝は人の為ならず、と自覚する

2. その場所で心を込めた所作で伝達

3. その後、電話(肉声)で伝達

4. メールで伝達(携帯・PC)

5. 自筆の葉書・手紙で伝達

6. 忘れないようにメモとして残しておく

7. その人に対する感謝の心をいつまでも持続し、行動や態度に移す

8. 予め勝手に答えを予測しない

9. 何らかの見返りを求めない、望まない

10.感謝の心と行動のキャッチボールを日々忘れない


(備考)
「ありがとう」といえば言うほど自分を含めた周りの状況が良くなるのは事実です。
感謝の言葉や活動に、お金はかかりません。
お金は使えば減りますが、謝意の心や言葉はどんなに使っても減る事はありません。
それどころか感謝の心や言葉が多い人ほど、人の徳が増え、高まります。
幸せな人ほど、謝意の表現を忘れません。
それを日々表現伝達し続ければ、どんな状況にでも光が射してきます。
謝意のある処には温かな心が存在し、温かな心が周りの良いものを引き寄せます。
なかでも感謝の言葉「お陰様、有難い」は、優しさや思い遣りなど人の善を導きます。


    ブログパーツ 
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2706-a58d1e8f
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック