#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) マナーとモラルを理解する?

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

モラルとマナーを身に着ける

躾とルール深緑

キチンとしたマナーを身に着けるには、大人として必要とされる「しつけ」を備え
同時に、社会人としての常識を弁え「ルール≒コンプライアンス」を遵守することが不可欠です。
これを「モラル」と言います。

○モラルは、常識力に不可欠

モラル(Moral)は、「道徳・道義的な」「教訓」などを意味する英語から来ています。
大きく捉えると、現実社会や実際に生活をする上での態度や気持ちの有り様を言い、
「マナー」を含めた「道徳・倫理・良識」のことを指しています。
そして、日常生活上の人との交わりや人間関係で必要とされ、道徳、倫理意識とも言える
「善悪の是非、判断を伴う感性、意識」を指していると考えます。
モラルは、特に「現実の社会生活に即した道徳」=【倫理】と言う点がポイントです。
立場転換や思いやりの心と言う、自らの気持ちや意識が「モラル」の大きな部分を占めます。
他人が見ていても見られていなくても、正しいことは正しいと判断出来ることが「モラル」なのです。

多くの人々は、「道徳感や倫理感を持つことは人として、正しいことである」と意識しており、
私達は直接自分に関係がない場合でも他人の行動を気に掛け、道徳と規範に従っているかを注視します。
道徳に反する行為は、通常、本人に罪悪感を、それを目撃した第三者には嫌悪感や怒り、
報復など強い感情的反応を引き起こします。

更に、違反者に対して寛容な態度を取る者へも同様の憤りを引き起こします。
人は非道徳的な行為の犠牲者になったり、それを目撃したりした場合に、
一般的にその行為者を処罰したいという強い願望を持っています。

マナーやエチケット、慣習的規範への違反は人々から軽率で粗野な行為であると
見なされますが、道徳的規範への違反は、処罰の欲求を呼び起こします。

この「モラル」を大きく捉えてみますと、主に次のようなことではないかと思われます。

〇親しみ・思い遣り≒親切さ、他人に親切にすること、害を加えないことの意識

〇平等性≒公平公正さ、公正さを保ち、不公平な扱いを気に掛け罰する意識

〇協調性・奉仕≒集団性、家族、集団への忠誠さ(誠実)、自己犠牲の言動や態度の違反意識

〇権威・継承≒伝統の継承や権威への服従、従わない時の意識

〇純粋・美化意識≒純粋さや清潔さを好み、汚れた物や不純な物を嫌う意識

〇規律性・コンプライアンス≒規律・ルール・規定などの遵守意識と守らない行為に対する意識

〇物を大切にする≒物品を勿体ない意識で取扱う意識、汚したり傷つけたりする行為の意識
  ・・・・・
「モラルの徹底」は、自らの心に起きるものであり、人に求めたり望んだりするものではありませんが、
人々の心に自覚を促す為に勇気と情熱を持って、働きかけて行かなければなりません。

また、「常識」は、経験度合、学歴、地位、年齢で変わる場合が多いと言えるでしょう。
また、若い方々の持つ常識と、年齢を重ねた人々の常識に違いが見られます。
そして、それは体験や生活社会環境の違いや時代によっても変化します。

一例ですが、第二次大戦後ハンバーガーを歩きながら食べる何て考えられませんでした。
今では歩行者天国で歩きながら食べています。

また、生活する上で様々な規則・規律、即ち「ルール」が有ります。
ルールは、もし野球やサッカー、ゴルフにルールが無かった場合を考えてみて下さい。
スポーツにはルールがありそのルールに従ってするから楽しいのです。

接客のルールは、大切なお客様に失礼の無いように、また思い遣りや感謝の心を正しく伝えるためにあるのです。
キチンとしたルールを身に付けることは、正しい判断や人の道を知るために役立ちます。

一般的に「しつけ」とは社会生活をする上で規律正しくすることを指します。
「あの人はしつけがいい」とか「家庭のしつけが厳しい」とか言いますが、
接客や人に関わる仕事に従事する者にとって「しつけ(基礎所作)」は必須条件と言えるでしょう。

我見ですが「躾(しつけ)」は新調した衣服の「しつけ糸」(形を整える)の役割と
同じと説明しています。形を整える上で「しつけ糸」が有ると無では仕上がりと美しさが違います。
キチンとしつけの身に付いた方は、人々に好感を生み出します。

接客マナー、ビジネスマナー、日常マナーなどのマナーの基礎になる「しつけ(ルール)」を自覚し、
「コンプライアンス」・「常識」・「倫理心」=【モラル】を弁えることです。

この基礎は、
      人生の舞台に立ち、人生の道程を歩く
為に無くてはならないものです。


※コンプライアンスの解説

① コンプライアンスとは?

職業人としての社会的な責任を自覚すると共に、国の定めた法令、
人間として必要とされる最低限のモラルや職場の規定、ルールを遵守し、
誠実且つ公正公明に職務を遂行する能力と取組姿勢。

② 法令・諸規則(規定)の把握と認識

イ) 企業・組織(店舗)の社会的責任について把握し、認識をしている。
ロ) 社内生活上で必要とされる法令及び法定の知識を理解し、認識している
ハ) 企業・組織(店舗)で定めた就業規則や諸ルール及びコンプライアンスの遵守上で
 問題となり易い関連法令の知識とその内容を熟知している。
ニ) 職業人としての確りとしたプロ意識、社会的責任感、職業に関する倫理意識を保有している。
ホ) 経営理念、ビジョン・社是・モットー・社訓、倫理憲章、行動様式規範の内容を熟知している。
ヘ) 企業活動全般に関する法的・倫理的問題についての具体的事例を理解し、それが自社に及ぼす影響を理解している。

③ 法令・諸規則(規定)の遵守

イ) 公の利益と企業の利益が相矛盾する際に企業倫理感の下公正且つ適切な判断をしている。
ロ) 公私の区別(≒規律性) の適切な基準を保有し、それを明確化した言動をしている。
ハ) 日常業務の遂行において法的或は、倫理的な要素の問題に直面した際は、
 上司同僚に積極的に相談したりするなどし、より良い的確な解決策を模索している。
ニ) 日常の業務に関連する法定または倫理的な問題についての具体的ケースについて、自らの見解や意見を保有している。
ホ) 社会道徳的に望ましいモラルや意識を有し、その言動を率先して行い、日常業務上において
ヘ) 経営理念、ビジョン・社是・モットー・社訓、倫理憲章や行動規範を自ら具現化している。
ト) 部下・後輩の倫理的な相談に対してアドバイスやサポートをすると共に、その解決に向けて共に考えるなどして取組んでいる。
チ) 営業上の不測の事態や事故災害に関しても冷静沈着な現状分析に基づき、
 必要とされる適切な問題解決力を保有し、実行している。
関連記事
スポンサーサイト
 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2711-5aa2f6f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック