#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 承認とコーチング

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

「認め」「承認」「信認」⇒【承認】の活動

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

【承認】の活動

人を育むコーチング活動で、認める・信認、褒める、諭す、励ます、受け入れる、自己開示など、
直接相手のモチベーションを高めるアプローチを総称して「承認」と呼んでいます。
「承認」は人を動かす力を持っています。
しかし、言われて嬉しい「承認」もあれば、素直に受入れられず反発を感じてしまう場合もあります。

「承認」をする場合は、先ず受け止める側のその場の感情、状況を察知することです。

表現の仕方でひとつで、相手の受け取り方や、効果や結果に違いが生まれて来ます。

ある人が「承認したくても、今は思い当たらない。そんな時はどうすれば良いのか」と考え込んでいました。

その解決法は、相手を承認しようという意図の下に、相手気持ちや態度を観察すること。
そして【結果】ではなく観察した事実「承認」として使えばよいのです。

例えば、髪を切ってきたり、髪型を変えて来た部下がいた時に、「とても似合っていていいよ
という言い方は、似合っているという結果に対しての承認です。
「〇〇さん、髪の毛切ったんだね(髪型変えたんだ)!」何気なく自然に話すことです。
これが、観察した事実を使った承認です。=【認める】こと。
 
即ち、良いも悪いもなく、現実に観察した事実を「承認」と意識して使うのです。
この行為は認めるばかりではなく、関心を持っていることも伝えられます。

最も効果的な「承認」は、本人でさえ気付いていない事実を観察し探し出し伝えることです。

例えば、
 「いつも誰よりも早く来ているね」

 「毎日同じ時間に来ているね」

 「いつも背筋が伸びていて気持がいいね」

 「挨拶する時はいつも笑顔だね」

 「毎朝必ず君の方から挨拶してくれるね」

 
などと言うように「承認」を心掛けることです。
これをきっかけに、徐々にコミュニケーションの量は増え、
相手から話しかけてきたり、相談されることが多くなっていくのです。

「承認」によって、人は自分の行動や存在そのものが、
相手を成長させ、具体的な成果を生み出します。

周囲への影響力を知ること、貢献していることを知ることは大きな喜びです。
効果的な「承認」は、その人の「存在」の認識を強め、肯定します。

信頼される人とは、様々な場面にふさわしい挨拶が出来、
自己意思や主張が明確に出来、相手を「認める」「信認」「承認」することの出来る人間です。

この「認め」「承認」「信認」の意識やそれを表す行動は、

社会や日々の生活に必要とされる人間関係力を支える[礎]です。 


    ブログパーツ 
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2723-fe3640d8
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック