#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 「仁」の心を知る

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

 「仁」を紐解く

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

仁1
以前放映されたテレビ映画「JIN‐仁」は、現在でも世界中で沢山の人達に
多くの感動を与え続けていると聞いております。
どうしてそんなに人の心を動かすのでしょうか?
それは、世界中の人々に「仁の心」が伝わるからではないかと思われます。

私見ですが、この『仁』の文字を【二人の人】と解します。
即ち、一人称の自分と二人称の他者が対象の対人関係力の一つであると考えます。
また、本人と支えている人の二人とも解せます。

『仁』の文字は

①「自分と他人」
「自分ともう一人の自分(思考の選択に戸迷う自分)」
「強い自分と弱い自分」
「人」+「二」で組立てられ、それは自分と他の人(二人称)を表わしている。
即ち、自分自身と他者、二人の人間を意味すると解します。

②『自分』と『他人』
「生きている自分」と「生かされている自分」
「人を愛する自分」と「愛されたい自分」
「利己」と「利他」
「認める自分」と「認められる自分」
「親切な自分」と「無関心な自分」
「与える自分」と「求める自分」(物・魅力・心)
「感謝する自分」と「感謝される自分」

③『自分』と『もう一人の自分』
「人間の善悪二つの心」
「強い自分」と「弱い自分」
「明元素な自分」と「暗病反な自分」
自他に「優しい自分」と「厳しい自分」
「無関心な自分」と「共感する自分」
「楽に過ごす自分」と「楽しむ自分」


※二人称
話し手(書き手)に対して、聞き手(読み手)をさし示すもの。
日本語では、「あなた」「あなたがた」「きみ」「きみたち」など。

※辞書に「仁」は以下のように記されています。
[思いやりの心を持つこと。仁義・真実・まこと・誠意。慈しみ、思いやり。]
人を思いやること、これは内面的なもの、 詰り、心(気持ち)の事を意味しています。
孔子の『論語』で、お互いが慈しみ合う姿で「仁」を行うことが、「義」「礼」「智」「信」の【徳】を実践する
最終の目的とされています。

(備考)仁の解説 [以下Wikipediaより引用]

仁(とは中国思想における徳の一つ。仁愛。
特に儒家によって強調されており、孔子がその中心に据えた倫理規定、人間関係の基本。
主に「他人に対する親愛の情、優しさ」を意味しており、儒教における最重要な「五常の徳」のひとつ。
また仁と義を合わせて、「仁義」と呼ぶ。
儒学を大成した孔子は、君子は仁者であるべきと説いた。
性善説に立つ孟子は、惻隠(そくいん)の心が仁の端(はじめ)であると説いた(四端説)。
この惻隠の心とは同情心のことであり、赤ん坊が井戸に落ちようとしている時、
それを見た人が無意識に赤ん坊を助けようと思う心であると説いた。

なお、孔子は、『論語』の中で「仁」について明確な定義をおこなっておらず、
相手によって、また質問に応じて様々に答えている。
言い換えれば、儒家の立場においては「仁」とは
人間にとってもっとも普遍的で包括的、根源的な愛を
意味するものとして考えられてきたのであり、八徳の「孝」や「悌」、「忠」なども
『仁』の一つの表れだと主張されている。

[以上引用終り]

【仁】
人を思いやることに素直にあれ
人を思いやること、これは内面的なもの。
詰り気持ちの事を意味しています。
「思いやの行動には示さなくていい」と 思われる人が
いるかもしれませんが決してそうではないと思います。
孔子は『論語』で、
「仁」を以って最高の道徳であるとしており、
日常生活から遠いものではないが、
一方では容易に到達出来ぬもの、と説明がなされている。
ある場合は「人を愛すること」と説明し、
顔回(ガンカイ)の質問に対しては「克己復礼」こそが、「仁」である。
=私心を克服して礼を重んじること。
即ち「己に克ちて、礼を復むを、仁と為す」と孔子は答えています。
前者は外部に対する行為を指し、後者即ち顔回に対する答えは
自身の内なる修養のあり方を指している。

具体的な心構えとしては、
「己れの欲せざるところ、これを人に施すなかれ」
がよく知られています。
即ち、「仁」とは、思いやりの心で万人を愛し、
利己的な欲望を抑えて礼儀をとり行うことです。

以上学びのメモより転載。


    ブログパーツ 
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2737-35f4f2bf
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック