接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  指導者の心の育成

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

指導者の自己診断

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

指導者自己診断black

自分と向き合い見つめ直してみましょう。 

部下を、お客様や周りの人々に「思い遣りの心溢れる豊かな人」に育てる。
育成、指導、監督、管理の仕事をしている方に活用して頂きたいチェックリストです。

診断項目

□ 自分自身を知り理解する⇒己と向合う
□ 自分の活動を第三者意識で診る
□ 直き心を維持する

□ 聴く姿勢に心する
□ 思い遣りを持って人々に接する
□ 人々に影響を与える能力を持つ

□ 知識・知恵・洞察力・判断力を持つ
□ リスクをチャンスと捕らえ、戦い実行する
□ 仕事の重さを自覚する

□ よいパーソナリティーが持てるよう自分を磨く事を忘れない
□ 各従業員の性格、資質をよく把握し、能力を発揮出来るように教育指導して行く
□ 常に相手の立場で物事を考え、実行する

□ 忍耐強い精神力を養う
□ 誠実さ、包容力を身につける
□ 何事に関してもエネルギッシュに行動する

□ 色々な知識を持ち、知恵のある言動に心がける
□ 学習の心をいつも持つ(自己啓発)
□ 何事に関してもエネルギッシュに行動する

□ 奉仕の心を持つ
□ 物事を順序立てて考える
□ 自分を理解させる方法、能力を養う

□ 聞き上手、話し上手になれるよう努力する
□ 相手が何を期待しているかを知る努力をしている
□ 察知力、洞察力を磨く

□ 目的意識を持つ
□ 物事を6W3Hで考える
□ いつでも何故の意識で物事に当たり、何故の心で考える

□ いつどんな時、人にも「ありがとう」の感謝の心を忘れない
□ 何事に関しても「おかげさまで」の感謝の気持ちを持つ
□ 「誠心誠意」の心で誰にでも接する

□ 心の目を養い何事も見えるようにする
□ 感情的にならず、何時でも心の安定に心掛ける
□ 自分自身の五感を磨く生活を習慣づける

※(参考)採点基準(よく出来ている=3/出来ている=2/やや不足=1/不足= 0/習得要=★ )


    ブログパーツ 
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2744-bd471aca
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック