#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 己と向き合い「意識と心」を知る

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

“自らを、知り、認め、許し、受入れ、もてなす”

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

自分と向き合う1

日本の人的社会環境は昭和から平成に移り、人との触れ合いや社会生活は大きく様変わりしています。
そして私達の生活環境は、数多くの豊かな物に溢れ、選択できない程の情報の選択に戸惑ってしまいます。

このような中でも特に変化が著しいのが接客や接遇、おもてなしを教える側の人達です。
マナーを教える一部の先生やインストラクターの方は、心よりテクニックを重んじるようになってしまい
マナーの心である「思いやる心」を軽く扱い、即実践に役立つ表面上の所作ばかりを教える姿をみます。

例えば、人にはその人の持つ独自の顔がありますが
それを無視し明らかに作っていると思われる笑顔、
謝罪する目的にそぐわない表情・姿勢や態度、
人相に合わない極端に口角を上げている口元、
男性らしくない女性的な身のこなしや仕草、
原義を忘れカッコの良さのみを意識した手組み、
見た目や自己満足を重んじたこのようなことを
最近数多く体験したり、見聞きしたりします。

また、人を指導し、管理する立場でありながらも人を思いやる心に欠け、自己事情や感情を優先し
レスポンスや返事がないといったことも多く感じます。
このようなことが「当たり前」になってしまうことは受け止め方によっては「いじめ」に該当することであり、
それが子供達の「いじめ」や大人の「ハラスメント」に結びついているのではないかとも考えられます。

個々人を優先して物事を思考し行動する現代社会は
外見や人の目、他人の思惑を意識する人が多くなり、意思表示や伝達が曖昧になりましたが
一方では、個々人が自分自身と向き合うことで、自らの心が強くなり、個々の能力がより高くなり、
世界レベルのスポーツマンや様々な文化人や世界に進出する企業も年々増加しています。

個を優先する社会となった今の生活環境、何事も「仏作って魂入れず」にならぬよう
人として、何を、どのようにすべきか、に焦点を当てる時期に来ていると思われます。

そのために必要不可欠なのが、
自分自身を、「知り、許し、認め、受容、もてなす」、といった【自分と向き合う】の活動をすることです。

◆自分自身と向き合う活動により◆

 自分自身の有りの侭の姿(本質)を認識できる
 命を授かった有難みを自覚できる
 一人の人として社会人力(大人力)の大切さが判るようになる

 自らのゴール(理想の自分)を決められる(目的が明確に持てる)
 自分の持つ強み、弱み、脆さを自覚出来る
 理想と現実との差を認識出来る

 要らぬプライドを捨て、自然体を保てるようになれる
 自分自身の心と本気で向き合う活動の目的意識が生まれる
 自分を許せるようになれる(自分を楽しく喜ばせる)

 自分長所を生かしきるように努められる
 自分の意思で決断する癖が付けられる
 有りの侭の自分が表現出来る(自己開示が出来る)

 心の警報機が鳴った時、素直に原因を探せる
 短所を自覚し、長所を伸ばせる
 心のごみ業を取り払うよう努められる

 生甲斐が自覚出来る
 束の間の快楽(刹那)に溺れないようになれる
 自分自身と真摯に向き合える(自分を指差せる)

 生かされ生きていられることを自覚出来るようになる
 自分の持つ感情の特質を認識出来るようになる
 感情の認識が出来る

 感情を自制コントロール出来る
 自分自身の心に正直に成れる
 意思決定がし易くなる

 意思表示がスムースに出来る
 自分自身の強みを知ることで本来の姿が見える
 自分の好き嫌いを自覚出来る

 見返りを求めず「有難い」「ありがとう」の感謝の発信が出来る
 自分の心を客観的に認められる
 自分自身の煩悩(我欲)を自覚出来る

 自分の心の声を聴くことが出来るようになる
 足りない自分を自覚認識出来る
 相手の気持ちを素直に受け入れられる

 自利、利他の活動を自覚出来る
 他人と比較対比出来る(個性の認識)
 会話や電話の後に自らを振り返ることが出来る

 自分の魅力を自覚出来る
 心のポジションが自覚出来る(平常心の認識が出来る)
 情けや施しの心が持てる

 二分の一の法則で思考できるようになる
 知足の認識が出来るようになる
 自分自身をポジティブに捉えられる

 ネガティブ意識をコントロール出来るようになる
 自らの誤りを人前で素直に認められるようになる
 自然に自己開示が出来るようになる

 相手が話し易く、聞き入れ易い雰囲気作りに気配り出来る
 他者に信用・信頼感を持てるようになる
 自らを自己啓発意識で見つめられる
 自分自身に賞罰を与えられる
 適時適切に自己診断出来る



    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2746-0ed2c179
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック