#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 立場転換意識と活動(新)

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

立場転換意識は「思いやり」

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

立場転換新小

最近の傾向として、個人としては自分自身の心を磨くことに目を向けず、
自社や自分自身の保身や対外的な思惑ばかりに目を向ける
個が意識の柱になり利己的な考えを持つ人が多くなっているようです。
また、人は自分の都合や環境、己の感情に左右され易く、
好きな人は見方が偏り、嫌いな人は厳しくなりがちとなり、
気持ちがプラスの時、マイナスの時では相手の立場を推し量る状態が異なります。

また、厳しい社会環境の中やっと入社した会社を簡単に辞めて行く人も増加しています。
この原因として、心の体力の低下が挙げられますが、決してそればかりではありません。
その一つは、職場では会社側の事情が優先し、E.S不足があることが挙げられます。
一方で成長し、躍進している企業や店舗は、人を人財(人源力)と考え、
従業員不満足の負(不)の要素や要因が極めて少なく従業員を人として大切にしています。

ある時のこと、
優秀な人材が居るのに育たない、
やる気を引き出せず能力を発揮させられない。
良い待遇をしているのに、職場に人が居つかない。
又ある時には、素晴らしい商品なのに売上げが思うように上げられない。
と相談を受けた時ことがありました。

「立場を換え、お客様目線で自社や商品を見ていますか?」
「御自分の【ものさし】だけで考え、判断していませんか?」
「E.S.(従業員満足度)は、如何ですか?」
とその方に訊ねました。

そして、立場転換の本質は、
「対象となる相手の心に寄添って思考し、行動すること」
この立場転換意識活動は、
「相手の立場や目線で物事を観察し、思考し行動すること」
です、と答えました。

そしてそれは、
●実際に使う、お客様の気持ちで商品を提供しているか?
●このような時、自分ならばどうするのか?
●私がお客様の立場ならば、どうされたいいか?
●自分が言われ、されたらどう思うか?
●自分が同じことをしたらどの位の労力と時間がかるか?
と言ったことなどと言うことを思い巡らす意識です。

立場転換意識に大切なことは、先ず己の利や感情を捨て、相手の心に寄り添い
如何にして相手気持ちと同じ気持ちに成り切れるように努めるか、ということです。
即ち、
★自分が相手だったならば、どのようなことを受け止め、感じているだろうか?
★そしてそのことからどのような意識を持つだろうか?
★どのような感情が湧き出るだろうか?・・・など。
と言ったことを相手の心に寄添い心底考えることです。

その時に初めて【正しい言動や態度が選択できる】と考えられます。
先ず相手のことを先に考える『思いやる心』は、立場転換意識活動の【】です。

⦿何故の意識を以って人や物事をみるようにしていますか?
⦿自分の尺度で周りの方々を計っていませんか?
⦿他の人の良い処を誉めたり、認めたりしたことは有りますか?
⦿相手と同じ目線で話しをした事が有りますか?
⦿「駄目」言われた人の気持ちを察しられますか?
⦿もし貴方のような人が仲間に居たら、貴方はどう思いますか?
⦿何らかの見返りを心に抱いた立場転換をしていませんか?・・・などと、

立場転換意識や活動を自問自答することをお勧めします。



    ブログパーツ  
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2758-2e15c8c9
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック