接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  自己洞察を紐解く

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

自己洞察(内省内観)の理解と認識

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

自己洞察

自己洞察の「目的」と「目標」、共に言葉は似てるように思えますが、
その目的は、「何のために自己洞察(内省内観)するのか」という動機の意味であり、
そして目標は、「自己洞察して、どんなことを目指すのか」というゴールの意味があります。

自分の弱さを自分自身で認め知り、許し、素直に受け入れると、安心感と自信が増します。
「稔るほど、頭を垂れる稲穂かな」
と言う諺のように、本当に自信があって心が豊かな人間は、頭の低い姿勢で相対する人が多いです。

〇【認める】ことは自分自身が「出来ること」と「出来ないこと」と知る人

“出来る人、一流の人は、決して人をさげすんだりバカにしたりしません”
「出来る人」は、自分のしたことを「返してくれ」とは言わず、見返りも求めません。

出来る人、一流と感じられる人、即ち、秀でた実績があるにも関わらず、
頭が低く謙虚で、相手をバカにしたりせず、他人を蹴落とすような軽々しい発言をしない人は、
自分自身が「出来ること」と「出来ないこと」その両方を弁えています。

そのような人は、「自らが出来ることを認めること」、詰り「他人の出来ることを認めること」と同義であると受け止め、
更に、「自分を必要以上に認める言動や態度」を利己的な自己顕示と捉え、
そう言った態度を嫌い、嫌がる人の存在に気づく人です。
そして謙虚に自省をし、その「謙虚さ」は、自分の「出来ること」と「出来ないこと」の両方を
自らが素直に認め、心に受入れた時に自然と態度(心)に表れます。

現在世界的に活躍している日本人の皆がしている自らと向き合うことのひとつである
自己洞察と言われる内省(内観)の目的は、自分自身や他人を責めたり賞賛したりすることではありません。
私的な感情を無にし、公平な目で、自らの思考や行動を観察することにあります
自己洞察(内省内観)は、【自分自身の本当の姿】を自ら『認め・許し・受入れる』ことから始めます。
以下、その結果どの様なことが得られるのかを記してみます。
大切なのは、『自分の心に嘘をつかず、言い訳をしない』ことを心掛けることです。


自己洞察により、気付き心に生まれること

☞命を授かった有難みを認識できる
☞一人の人として社会人力(大人力)の大切さが判るようになる
☞人の感情や煩悩を理解できる
☞ 自らのゴール(理想の自分)を決められる(目的が明確に持てる)
☞ 自分の持つ強み、弱み、脆さを自覚出来る

☞ 理想と現実との差を認識出来る
☞ 要らぬプライドを捨て、自然体を保てるようになれる
☞ 自分自身の心と本気で向き合う活動の目的意識が生まれる
☞ 自分を許せるようになれる(自分を楽しく喜ばせる)
☞ 自分長所を生かしきるように努められる

☞ 自分の意思で決断する癖が付けられる
☞ 有りの侭の自分が表現出来る(自己開示が出来る)
☞ 心の警報機が鳴った時、素直に原因を探せる
☞ 短所を自覚し、長所を伸ばせる
☞ 心のごみ業を取り払うよう努められる

☞ 生甲斐が自覚出来る
☞ 束の間の快楽(刹那)に溺れないようになれる
☞ 自分自身と真摯に向き合える(自分を指差せる)
☞ 生かされ生きていられることを自覚出来るようになる
☞ 自分の持つ感情の特質を認識出来るようになる

☞ 感情の認識が出来る
☞ 感情を自制コントロール出来る
☞ 自分自身の心に正直に成れる
☞ 意思決定がし易くなる
☞ 意思表示がスムースに出来る

☞ 自分自身の強みを知ることで本来の姿が見える
☞ 自分の好き嫌いを自覚出来る
☞ 見返りを求めず「有難い」「ありがとう」の感謝の発信が出来る
☞ 自分の心を客観的に認められる
☞ 自分自身の煩悩(我欲)を自覚出来る

☞ 自分の心の声を聴くことが出来るようになる
☞ 足りない自分を自覚認識出来る
☞ 相手の気持ちを素直に受け入れられる
☞ 自利、利他の活動を自覚出来る
☞ 他人と比較対比出来る(個性の認識)

☞ 会話や電話の後に自らを振り返ることが出来る
☞ 自分の魅力を自覚出来る
☞ 心のポジションが自覚出来る(平常心の認識が出来る)
☞ 情けや施しの心が持てる
☞ 二分の一の法則で思考できるようになる

☞ 知足の認識が出来るようになる
☞ 自分自身をポジティブに捉えられる
☞ ネガティブ意識をコントロール出来るようになる
☞ 自らの誤りを人前で素直に認められるようになる
☞ 自然に自己開示が出来るようになる

☞ 相手が話し易く、聞き入れ易い雰囲気作りに気配り出来る
☞ 他者に信用・信頼感を持てるようになる
☞ 自らを自己啓発意識で見つめられる
☞ 自分自身に賞罰を与えられる
☞ 適時適切に自己診断出来る


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2759-b2540233
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック