#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 報・連・相の責任と義

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

報・連・相の【責任と義】の認識

お薦め度【★★★★】全業種、業態用
報告・連絡・相談責任義

報・連・相」の活動に表れるのは、人の繋がりに不可欠なあなたの社会人としての信用と共に、
与えられた仕事に義務と責任を持ち円滑に進める上で、とても大切な人間力のひとつです。
そして、義務・責任感と相手に対する思いやる心(立場転換意識)や取組み姿勢が表れます。

同時に、謙虚に【感謝】を伝え合うことも大切です。
特に上司から部下に対する感謝の気持ち、部下から上司へ「お陰様での心」の有無は、
信頼関係や心の繋がり方に大きな差が出てしまいうことを自覚しておくことです。
「ありがとう」「お陰様で」「ご苦労様」の感謝ひと言と、立場・場所・時を弁えた態度、
挨拶言葉の使い方は、互い繋がりと思い遣り、信頼を生む源です。
※上司から部下への場合は「ご苦労様」、部下から上司へは「お疲れさまです」を用います。

この感謝の言葉が往きかう職場は、コミュニケーションが取れ仕事も円滑に進んでいる職場です。
一般的に「報・連・相」は部下から上司への一方通行の手段だと勘違いされています。
風通しの良い職場は、上司からの「報・連・相」に対する[確認]が確りと成されています。

喩えるなら「報・連・相」は、社内を流れる血液で、「確認」は、心臓の役割を果たします。
人も会社も成長するためにはこの血液の円滑な流れが重要なのです。

又、報・連・相は相手への思い遣り、自らの誠実さと言った信頼関係の源の自覚認識が必要です。
中でも報告、連絡は「スピードと確実さ」が最も重要です。
この重要さを常に認識し仕事を円滑に出来るようにすることは職場の人間関係に大切です。

報告、連絡は仕事を進めて行く上で、また信用と信頼を築くためにも欠かせません。
報告連絡に拠る情報は、仕事に直接必要な情報、
間接的に役立つ情報、計画を左右する情報、信用に関わる情報など多々あります。

このような情報を役立たせるためにも情報の伝達が必要です。
報告と連絡もその重要な役割を担うことを強く認識しておきましょう。
また、ツールとして連絡メモ、業務ノートのようなコミュニケーションを補う方法もあります。
報告、連絡は、相手の身になり、小まめに、素早く、確実にする誠実さが基本です。
また、この「報・連・相」に欠かせないのが上にある【自分の発した言葉】の大切さです。

最近多く体験するのは、自分の発した言葉を重く受止めるべき
コンサル、管理指導的立場にある上の立場の方々とのやり取りで
会話や報告(メール含)を受理した際、

「目を通し、後ほど折り返します」
「時間を作ってこちらから連絡する」
「後日改めてこちらから連絡します」
「皆と相談し連絡します」
「確認してお知らせします」などと言って置きながら、
何時になっても何の連絡もして来ないことです。

このようなことは、利己的で相手の立場で思考する思いやりの心の低さに依ることが多いと思われます。
相手を思いやる心で、具体的な日時の通知と断る勇気の「ひと言」を添えることが大切です。

人は、然るべき報告や連絡(レス)を少なからず期待をしてしまうものですが、
心の期待レベル、は出来る限り低くして意識(≒謙虚)するようにしておいた方が
一般社会や職場での良好な人間関係を保ち、発展させる上でも効果的ですし、
自心を穏やかで平穏に保つ上でも良いことです。

現実的な具体的な環境や状況が変わらなくても、期待レベルを低く変えることで、
不満が感謝や信頼に変わることを沢山見聞きしてきました。

期待>現実」の場合は、不信や不満と言ったネガティブ気持ちが生まれ易く、
期待<現実」だと、思いやりと感謝の気持ちが互いの心に芽生えるからです。

このようなに、人は期待しすぎると様々な「不」が生まれ易くなります。
即ち※「義」(≒義務)の精神の喪失に依る「自分の発した言葉」を大切にする姿勢と
その言葉に対する認識不足に拠るものと思われます。

受止め方によっては、保身や其の場凌ぎ、断りの口実と誤解される場合も考えられます。
上司としても人としても【自分の発した言葉】の大切さ、重さを認識しましょう。
※「義」=道理、条理、人間の行うべき筋道。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2788-787b24a5
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック