#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 【幸せの礎】感謝と礼

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

感謝」と「」の表現伝達を大切に!

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

感謝と礼

社会生活上で、幸せな生き方をするための【】と成り得る
感謝』の表現伝達が最近は疎かになっているのではないか、
と感じられることを様々な処で体験したり、見聞きしたりします。
例えば、集団でいる学生などの若い人がバスや交通機関の中などで
老人に席を譲る活動が少なくなったように感じられます。

そのようなことが起きているのは、
個の社会となり、個人としての保身意識の高まりからか、
他人の目や周りの人の思惑や声を気にし過ぎたり、
或いは「いじめ・ハラスメント」を気にしてからか、
積極的な目立つ行動を控えているのではないかと推測もできます。

また、最近話題となっている、
プロスポーツ選手のコンプライアンスの薄れによる賭博行為への参加も、
自らの心と向き合う活動不足による我欲や煩悩の自制心の欠如、
周りの人々や沢山のファンの人々に支えられていることの自覚、
その人達への感謝の自覚の無さが起因や要因ではないかと思われます。
或いは、驕りや自己顕示欲が自制心の欠如に繋がっているのではないかと考えられます。

一方、ビジネスや普段の社会生活上で未知の人との縁や繋がりに
時間を作ったり、何らかの力添えや活動をして貰ったり、
こちらのために人を動かしお世話に成ったりした方へ
此方から認め表し、伝えなければならない心身の活動が
人として自利や己の感情を抜きにした感謝や御の伝達です。

そのことを成さない一例として、
返事の表現伝達仕方一つでその人の活動が決まるのに、
何の返事もしないことで活動をして貰えない場合もあります。

以下、人としての「感謝」や「」の心の表現伝達について記します。

認める心や活動になる『感謝』の対義語は【無関心】、
認めない【無視】の対義語は、『愛』です。


この「認めない」ことの表れるのは
目上の方や上司との会話時に
腕組みや足組みをして聞いたり、
目上の方への承諾を「了解しました」と返事をしたり、
喪中なのに「新年おめでとうございます」
と言った挨拶言葉を平気で使ったり、
目上の人や教えを受ける人へ一人称で「参考にします」と言ったり、
教えて貰ったことについてその後の経過を伝えなかったり、
先人への節度の無いタメ語や無礼な態度をしたり、
こんなことをする社会人が年々増えていると思われます。

即ち『』を利己的に捉え、
無理して表し伝えなくても生きて行けるから
と安易に考える人が多いと思います。

このような感謝や礼の表現伝達は、人としての「心の礎」を築き、
心豊かで幸せな生活を楽しむために欠かせない大切な活動の一つです。


    ブログパーツ 
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2793-31cb4ad0
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック