#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 日本の心「おもてなし」

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

おもてなしの修得

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

和の心おもてなし


おもてなしとその心を修め身に付けるためには、
人としての自心、総ての人間関係力の源の心ともいえる「仁」
先ず、人を思い想う「利他の心」の【思いやり】がどのような心であるか、
そして、その具体的な活動はどのようなことか?を具体的に学び知り、
それを自分の「心の器」に合わせ、日々の生活に取り入れ、生かすことです。

このもてなしの心を理解し、身に着けることで信用や信頼が芽生え
他人との結び付き(和)や多くの人の繋がりを生み出し、
その結果として、他者との愛や絆を深め自らの心の成長にも繋がります。

その「おもてなしの心」は、サービス業のような人と触合う仕事だけばかりでなく、
色々な人と触れ合う様々な普段の生活にも生かせます。

💛以下゜おもてなしの心」とはどんな心なのかを代表的なことを記してみました。

1. 目に映る「モノ」と映らない「コト」以って、相手に接する心
2. 主客一体の心
3. 一期一会の心
4. 侘び寂びの心
5. 裏表のない心(表裏一体)

6. さりげない心(何気ない心)
7. 作らず、飾らず自然な心
8. 守・破・離の心
9. 私心無き、心尽くし
10. 相手や物、自然を思いやり、慈しむ心

11. 総てに心を込めて、表現し、伝達する
12. 相手を敬い尊び、互いの心を通わせ合う心
13. 物と自然の情緒、風情を味わう心
14. 相手により良い、心豊かな体験や感動を齎す心

15. 思い出や余韻が残せる心(会縁機縁)
  イ)出会いをご縁にしたいと思う心
  ロ)もう一度この場へ来たいと思う心
  ハ)また、この人に話したい、会いたいと思う心
  ニ)また、この人から買いたい(お世話になりたい)と思う心
  ホ)体験を誰かに話したり、知らせたいと思う心
  ヘ)誰かを連れてきたいと思う心
  ト) また、この人の作ったものを味わいたいと思う心
  チ)また、この人に(店で)もてなして貰いたいと思う心

16. 五配りの心を感じとれる心
17. 充分なしつらえをする心
18. 観察心、察知心(力)、洞察心(本質を見抜く心)
19. 物事の本質を知り、本質を的確に表現し、伝える心
20. 風情を表現し、味わえる心

21. 相手に気遣いをさせない立ち振る舞いをする心
22. 拘りを感じてもらう心
23. 相手の快適さ、心地良さ(居心地)を提供し、追求する心
24. ゆとりを持ち、こちらの感情や焦りなどを相手に悟られないようにする心
25. 誠心誠意の心で要望や希望を叶えようとする心

26. 人の嬉しさ、喜びを共有、共感する心
27. 見返りを求めない、望まない心
28. 相手の心の位置を思う、立場転換の心
29. 心配り、心遣いを大切にする心
30. 絆を結びたいと願う心

31. 親身になって相手を考え、お世話する親切心
32. 相手の心を先読みし、さりげないサポートをする心
33. もてなす相手と感性の共有
34. 相手の為に、五感を総動員する心
35. 行為の背景を知り、伝える心

36. 陰ながら相手を引きたてる黒子の心
37. 苦情やクレームを学びとする心
38. 自らも学び、楽しむ心
39. 主客共に、周りの目に映る人、映らない人へ気遣う心
40. 先祖や物事に感謝する心・・・など。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2803-3c234f95
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック