接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  自然の災害から気付く(4)

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

自然災害は、私達に何を伝えたいのか?-4.

お薦め度【★★★★★】全業種、業態用

自然災害は、私達に何を伝えたいのか?4

★時に上を向き、大空を見上げてみよう★

現代社会は、IТ社会化が進み携帯・スマホ・タブレットが普及し子供達までも使うようになりました。
その利点は情報の収集や発信など様々な活用が出来、災害時でも役立っています。

そして、個の社会を象徴する現象として、スマホさえあれば
人との関わりを気にせず、独りで色々と楽しむことが出来ます。

ある時、都会に住む若い方が、
「友達なんか無理して作る必要ないね。人との繋がりなんか気にしないから」
と言っているのを耳にしました。
現代社会は、確かに彼の言う通り、周りのことなど気にせず、独りで居ようと思ったら
スマホを始めネットカフェやゲームセンターなど色々なツールがあります。

日常生活でそういったツールを柱に使いながら生活していると、引きこもりやニート、いじめ、
モラル低下しコンプライアンスなど無知、敢えては様々な犯罪に巻き込まれたり、
人としての基準が曖昧になり、犯してはならない犯罪を引き起こす起因になる場合も少なくないと考えられます。

また、スマホの操作のため「下を向いて歩き」様々な事故の原因になる場合もあります。
背中を丸めて下を向く姿は、心身の健康にも良くありませんし、ネガティブに捉え易いですから、
時々は空を見上げ、青空や星空を見る、「時に上を向き、大空を見上げてみよう」をされることをお勧めします。
自分の気持ちも、空の大きさや自然の美しさによって心も和みます。

さて、実際の人との繋がりについて、昨年9月頃に窓口接客の仕事に従事する方から、
お客様には笑顔で接しられるけど私生活では「人との繋がり」「付き合い」が上手くできない。
と言う方からブログに問合せメールがあり、数か月に渡り個人カウンセリングをしました。

数か月後、「最近では職場内での挨拶も積極的こちらからしています。
教えられたこと、心の礎の手引きや教材を参考にして独りで頑張ってみます。」
と言われて学びを終えられました。

この方に最初に教えたことは「挨拶」で、それを実行することで早ければ10日位で効果が出始めます。
※詳しくは、近々開く(仮名)震災支援講座内でお話し、実際に体験して戴きます。

また昨年末に、北海道にお住いの女性の方から
「人とのつながりを悩み、基様のH.Pにたどり着きました。
人との関係をよりよくできるのだとわかりました。
感動しました。もっと学びたい、自信を持ちたい。
是非、受講したいです。私は、北海道札幌市に住んでおります、
参加できる講座がございましたらお教え頂けましたらありがたいです。
よろしくお願いいたします。」と言うメールを頂戴しました。

この他にも「人と繋がる」ことについての色々な問合せがあります。
挨拶、返事、感謝、連絡、責任、報告、傾聴、受容などの人として生きる為のスキルは
総て「認め、認め合う」ことが前提であり、そこから触れ合う相手を「思いやる心が生まれます。
そして、このような人と繋がる人間関係力は、少子高齢化社会に欠かせないスキルです。


以下、自然災害は、私達に何を伝えたいのか?-5.に続

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2822-ba317484
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック