#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 自然の災害から気付く(5)

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

自然災害は、私達に何を伝えたいのか?-5.

お薦め度【★★★★★】全業種、業態用
自然災害は、私達に何を伝えたいのか?5

此度の熊本震災を私達はどう受け止めればよいのでしょうか。

これは、あくまで個人として捉え方ですが、
熊本地震は日本で生活する皆が、被災者になったつもりで
現在生活している足元である地域は勿論のこと、
自心や支えて戴いている周りの人々と真摯に本気で「向き合い」、
互いが思いやりの言行と感謝のキャッチボールが出来る環境を作れるよう
今出来ることから直ぐにでも実行して行かなければならない、と受止めます。

何故なら現在まで国内で起きた様々な災害を体験した方々みなさんが
人のあたたかさ、繋がりの有り難さ、大切さを改めて思い、知らされた
と、口を揃えて心から言われているからです。

当たり前のことですが、人は決して独りだけでは生きて行けない故、
和を以って尊しとなす」の心で日々生きることが大切なのだと思います。

さて、現在の日本の社会全体で最近数多く見受けられる、
与えられ生かされてきた尊い命を粗末にする自殺者
親子間や肉親間の悲惨な殺人と言ったような、
人としての犯してはならない悲しい事件や犯罪、
また、個の社会での個人主義や格差の広まりにより、
個々人の安心安全を重く意識し過ぎた言行、
同時に保身意識が強くなったことで、いじめ、様々なハラスメント、
過保護に依るモラルの欠如、人として他人のことには無関心になり、
社会を担う人々のコンプライアンス欠如した考えられない行動、
自利私欲のために手段を択ばない様々な犯罪を平気でする
といったことなどニュースやネットなどで多く見受けられる
倭の国日本」としてとても、辛く悲しい社会環境になってしまったと思います。

一方では、「人としてのモラル」の低下による自己顕示の様々な言行
日本人としてのマナーの欠如の行為もあちらこちらで数多く見られます。
私達日本人は世界中の人々から、礼儀正しい、親切、フレンドリー、
信頼できる、真面目、勤勉、規律正しい、周囲への気配り、豊かな協調性など、
と言った独自の国民性を持っていると評価され年々訪日される方も増えています。
また、世界の国々から、「ジャパンシンドローム」と言われ、
2050年に日本の労働人口が現在の半分になってしまうことに関し、
日本が国家戦略としてどの様な対策や施作を講じて行くのかなどを、
全世界が注目をして我が国の活動を見守っています。

地震国日本ではいつどこで起きても不思議でない震災、
温暖化による未体験な様々な自然災害などの備えと言ったこと、
人口減少による国内総生産(GDP)向上の国内外での対策、
クオリティの高い「ものづくりの国日本」としての後継者育成、
これらを行っていくのは、総て【人】であり、人と人との繋がりも不可欠です。
これから迎える労働力減少による様々な影響を言い表す「ジャパンシンドローム」に対する施策を、
如何にして乗り越えて行くのか?今後の日本社会への大きな試練であり、課題と言えるのではないでしょうか。

私見乍ら、そのために、人間同士の繋がりを作るために必要なコミュニティと言ったハード面
自分の「当たり前」、心と環境の「知足」を見直し、そして互いに認め合う活動の元に
先ず、心を表す「挨拶」と触れ合う相手を「覚える」言行を怠りなくすることだと考えます。


※この内容を柱に熊本復興支援-講座(仮名)【人と繋がる礎】を行います。
  詳細や日程は近日中(5月20日迄)に公開致します。


以下、自然災害は、私達に何を伝えたいのか?-6.に続く.

    ブログパーツ 
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2823-50d60a42
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック