#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 自然の災害から気付く(10)-大切な人

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

自然災害は、私達に何を伝えたいのか?-10

大切な人への「心」と「言行」

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

2016・5・19大切な人

触合う人を大切にすることは日常生活、ビジネス、接客接遇の各マナー、C.S.の「原点」「源」「礎」です。
触合う相手や周りの人々を大切にすることは、生きていく上で欠かせない個々人の「人間力」です。
それを表す姿勢、態度は、人間関係、生活する家庭、会社などあらゆる場で必要とされます。

情けないことですが、壮年迄の私は、自分だけが楽しければ、良ければと思い
大切な人の心を大切にし、大切な人の大切なものを感じ取り、大切にする」
ことが出来ず、多くの人や物を失うなど様々な報いを受けてきました。=「因果応報」文字色
そのことに気づいても「後の祭り」ですが、一生気付けないよりよかったと受け止めております。

これまでの自然災害が私達に伝え個々人に気付かせたい、
生かされ生きていられる者として成すべき役割役目は何か?


その一つは人口減少により個々人の様々な負担への備えあり
その活動には、「人と和し繋がる」ことを伝え気付かせたいではないでしょうか。
そのために、今迄以上に「大切な人」への心と活動を見直す必要があると考えます。
人を大切にする心は、多くの人々に生かされ、支えられて生きられているという意識の言動や態度、
「認め合う」「思いやり」「感謝」「誠実」などのその人の心を現す態度、言行に出ます。

これまでの自然災害で被災された方は、数に表せないどれほどの大切な「人」や「もの」、
「愛」を失ってしまったのか、被災しなかった私達には計り知ることはできません。
想像の域を出ませんが、残っているのは「人ともの」の様々な思い出や記憶ではないでしょうか。

さて、人は、「人と和す」、即ち、真摯に自他の心と[向き合う]ことで、
許す・受容・信認・感謝・謙虚・誠実・察知・奉仕などの心を育てられます。
また、「人と繋がり」によってこのような、周り人々から人生の学び、教えを数多く得られます。

以下、「大切な人」への心、及び言葉使いや態度・行動を診断リストから抜粋しました。

“大切な人の大切な【もの・心】を大切する”

1. 大切な人の目線で己を顧みていますか?
2. 人としての温もりを心と身体、言動と態度で表現し、伝達していますか?
3. その時の感情や気分で「大切な人」と触合わないように自らを自制していますか?
4. 自らが「本気」で「真剣」に大切な人を考え、想う心、思いやりに目を向けていますか?
5. 大切な人への気遣いをするために、目配り、気配り、心配り、手配り、身配りをしていますか?

6. 大切な人と触合うために必要とされる、各種のマナーを充分に備えていますか?
7. 「マナー」の原点は「思いやり」であり、思いやりの形がマナーであると認識していますか?
8. 思いやりは、自らの心に生まれるものであり相手に求めるものでないと気付いていますか?
9. 大切な人に対し、感情的な接し方をしていませんか?
10.大切な人と認めた意識、言動や態度をしていますか?

11.自らの心や態度を指差した上で大切な人と接していますか?
12.大切な人の心と身体の状態を察知するように意識していますか?
13.大切な人、一人ひとりにその人なりのブランド、『色』があることを認識していますか?
14.大切な人を自分の『色』で、無理に染めようとしていませんか?
15.自らが魅力のある『色』になれるよう自分磨きをしていますか?

16.大切な人に魅力を与えるようにし、求めることをしないようにしていますか?
17.T.P.Oに合わせて、大切な人に接していますか?
18.大切な人に、必要に応じて感謝の表現や伝達をしていますか?
19.大切な人に対し、言行一致するようにしていますか?
20.大切な人へ立場転換意識を持った態度、言動をしていますか?

21.大切な人に対して、自らを飾ったり、無理に作ったりして、接していませんか?
22.大切な人に対し、外見ばかり気にして接していませんか?
23.大切な人に対し、与えることをしないで、望んだり求めたりしていませんか?
24.大切な人に対し、自らしたことに対し見返り望んだり求めたりしていませんか?
25.大切な人に対し、心を表現し伝わる挨拶をしていますか?

26.大切な人と意識した心や目線で日々社会生活や暮すことは、
   豊かで幸せな自分になる為にも必要であると自覚していますか?
27.お互いが理解し合おうとする前向きな心を持って大切な人と触合っていますか?
28.大切な人に不安を与えないで、安心感を与えるようにしていますか?
29.大切な人の言葉や話を「聞く」ではなく、「聴いて」いますか?
30.寛容、寛大な心で大切な人と触合っていますか?


※自分に正直に、有=○・?=▲・無✖を付けてみましょう。
この下にある続きを読むに【大切な人の定義】を載せてあります。

    ブログパーツ  
    大切な人新br
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2830-b14f4aa5
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック