接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  “人と和し、繋がる心&活動” 講座の御案内

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

<素敵な和顔和心の源>人間関係力の基礎を学ぶ

熊本震災支援講座&ワークショップ

人と和し繋がる心&活動”講座

お薦め度【★★★★★】全業種、業態用

自然災害は、私達に何を伝えたいのか?人と和しと繋がる心と活動

普段の生活は勿論、何かあった時、今回のような自然災害に見舞われた時

【人との繋がりは、心を温め、勇気、元気を与えてくれます。
 それは、高齢化社会になくてはならない互い心を結ぶ『』を創り出します。】


あなたの心を生かした」と「繋がり」に、直ぐに役立つ≪心技体≫をお伝えします。


【講座概要・内容】

人との和(コミュニケーション)・年齢立場に適したマナー・礼節と言ったスキルが
充分に備わってないで、若しくは発揮出来なくて

「人との和や繋がりが苦手」、
「未知の友人や大切な人が欲しい」、
「大切な人や愛を失ってしまった」
 

と言った体験や想いのある方、
また、個優先の高齢化社会で人としての
「モラル」「ルール」の重さを自覚している方、
人の上に立つ人間として自分を顧みたい方。

明日からでも直ぐに役立つ、このようなことについての『心や技』を講話やみんなで学び知る場です。

人と和し繋がる

今迄国内で起きた各地の災害、今回の熊本震災時でも被災者の皆さんの
『失ってしまった大切な人やものへの悲しみ、痛み、苦しみ、辛さ
この心の痛みは、災害を体験した当事者にしか解らないものだと思います。

そして一か月経った現在、多くの被災者の皆さんの心に在る
終わりの見えない余震への不安、先の見えない様々な生活設計など
そのような中で過ごされ、明るく前を向き歩んでいる姿には頭が下がります。
熊本や大分で被災された皆さま、改めて心よりお見舞い申し上げます。

この心の礎のブログやFacebookへの色々な記事や名言などの投稿は、
御覧戴いている多く方々に、仕事をしながら学んだこと、
大企業の経営者、著名人、賢人、と言った方々との出会い
多くの波乱万丈の人生で失敗や挫折を実体験して知り得たこと、
人生後半で気付いた心の学び、数万人超の関わりからの数々の知恵
身勝手な生き方をしてしまった報=「因果応報」から気付いたこと、
このような様々なことを、僅かでも恩返しが出来たらとの思いから
その時点で私の出来ることとして六年余書き続けています。

今迄行ってきた講座や勉強会などでも、お伝えしています。
参加された方々に「気付き」が生まれるよう皆様の目線でお伝え出来るよう努めます。


◎講座の内容

A.自分自身について(講話&ワークショップ)

[内容抜粋]

・自分の個性特長を掴んでいるか?=性格の認識
 (長所短所・強みと弱み・内向的か外向的か・外面と内面の違い・主か従か
 積極的か消極的か・会話が好きか嫌いか・プライドの強弱・感情の制御など)
・自分の心に素直に向き合わなかったり、言い訳したり、嘘をついたりしていないか?
・他者の目や思惑を意識するか?・・・など

B.触れ合う他人について(ワークショップ&講話)

“和し繋がるための気持ちの持ち方と活動”

[内容抜粋]

・先ず、相手が「人」であるという前提で触れ合っているか?
・報連相や返事(メール含)は適時、適切にしているか?・・・など

C.自他の当たり前とその「ものさし」(ワークショップ&講話)

人と和し、繋がりは、自らの当たり前で相手の心や言行を判断しない”

[内容抜粋]

イ) 人としてのルール(礼儀作法)&社会人としてのルール(コンプライアンス)
ロ) 当たり前を見直す
ハ) 当たり前の「ものさし」

D.挨拶で和し繋がる (講話&ロールプレイ・ワークショップ)

“挨拶に互いの心が表れる、挨拶は人と人との潤滑油”

[内容抜粋]

【姿勢態度と言葉の実習有】

今迄数知れない方々にその人に合った個性的な「挨拶力」を身に着ける為の
研修やトレーニングをして来たことを生かし個々人の資質に合せてお話します。

イ) 心を通わし合うための挨拶法(姿勢のトレーニング)
ロ) 個性に合わせた挨拶力(トレーニング)
ハ) 挨拶とポジション≒空間活用(トレーニング)
 (挨拶をする位置や距離で微妙に変わる印象)=心を伝える(好感)ポジショニング

(備考)上記内容は、多少変更がある場合があります。

【開催詳細】

・開講日時

・定員8名~20名位

※19.20日【A・AP・M・MP】各々の参加人員が≪8名未満≫の場合は開きません。
また、会場の手配もありますので当初の締切は6月12日迄と致します。

6月19日(日)・・・【A】昼13時~15時 夜【AP】18時~20時        

6月20日(月)・・・【Ḿ】昼13時30分~15時30分 【ḾP】夜18時30分~20時00分

・場所 
   会場は参加人数によって決定致します。開講日7日前迄に通知いたします。

   銀座松屋裏 ルノアールマイスペース 銀座マロニエ通り店を予定しております。  

参加費・義援金】(都内)

講座参加費(会場費・講座テキスト代など緒経費)として、

義援金参加の方   お一人様1,500円
     一般の方   お一人様3,000円                      

諸経費を除き、残りました金額は総て義援金に当てます
義援金は、一口1,000円(お一人何口でも)

★義援金に御協力戴けた方に、私からの御礼として下記の何れかをプレゼントします。
 ・心を繋ぐ「心の礎の手引き」(A5・60頁Word版)
 ・日本のおもてなしの教科書(A4・50頁Word版)
  (それぞれ御指定のメールに添付し送付、或いはP.C持参の方はDownload)

≪お申込み方法≫

5月中は、このブログ右カテゴリー上の「問合せメール」でお申込み下さい。
日時にある参加可能な時間【A・AP・M・MP】から選択連絡先・お名前は必須です。
締切日-6月12日-(定員になり次第締切ますのでお早目に)
※尚、講座のお申込みやお問合せは、minoru.motoi@gmail.com でも承ります。

主催】 心の礎の会

講師】 Humane Adviser 基みのる


御希望があれば、講座後、時間の取れる限り、懇談の場を設けます。
また、今回の内容をより深く学びたい方人間力の基礎を学びたい方
おもてなしを学び身に着けたい方には別に講座を設けますのでお知らせ下さい。


下の続きを読む無いに講座の開講意図を記しましたのでご覧ください。

    ブログパーツ
    【開講意図】

    “自然災害は、私達に何を伝えたいのか?”

    平成に入って阪神淡路・東日本大地震、自然災害、この度の熊本震災は、
    神の国の天の声≫として、私達日本人や日本で生活する人々の『』に
    何らかのメッセージを伝え、警鐘しているのではないか」と思えてなりません。

    このような自然が齎す震災や異常気象は私達に「何を伝えている」と思われますか?

    五年前の東日本大震災後に見られた被災地の復興に向け日本中がまとまり、
    一人ひとりの国民が「自分の為より、誰かの為になることをする」の意識、
    即ち、自らのことよりも他者を思いやる心を持つようになりました。

    それは、個人を優先して思考活動し、少子高齢化社会に入った
    日本人の【心のターニングポイント】であると思います。

    5月に入ってあるテレビニュース番組で、被災地で活動されているある医師が
    五年前の東日本大震災後よりもボランティア活動を早く出来た
    と話しているのを聞きました。
    そのようなボランティア活動をされている人々の中に、
    「さとり世代」と言われている二十代の若者の姿が数多く見られました。

    きっと彼らは、五年前の東日本大震災から自らの心に何らかの影響や刺激を受け、
    人として大切な「思いやりの心」を以って、進んで被災された皆さんへの
    様々なボランティア活動をされているのではないでしょうか。

    私達日本人は、見た目)や他人の思惑を気にする気質があり、
    「侘び寂び」の心や感性を表す様々な言行や態度、
    文化に表されてきましたが少子高齢化社会、
    個人を優先する個の社会になった現在、自分だけよければとの思いからなのか、
    人の目を気にしないマナー違反の行為、本当の相手の心や温もりが感じ難いメール、
    自分の都合や利益を優先し考え、必要外や不都合は平気で無視する
    場合によっては自殺に至らしてしまう、いじめ・ハラスメントの起因となるS.N.Sの活動、
    心の感じない形だけの笑顔や挨拶、感謝の言行、といったこと様々などが多々見受けられます。

    同時にネットやスマホが多く普及し、情報やツールが手軽に入手出来るようになり、
    人の目を過度に意識することもなく、また、他者の思惑や感情に左右されない、
    独りで色々な形で楽しめるスマホを大事にし、人との和や繋がりを何故か避ける人
    様々な人間関係力不足の人も若い人中心に増加しているように思います。

    日本には、人と人との繋がりを大切にする
    おもてなし」と言う世界に誇れる日本独自の「」の文化があり、
    その精神の源は、触合う相手を「気遣い」「思いやる心」です。
    その心を表現し伝達する形や方法として
    日常的に使われる礼儀作法(躾含)、様々なルール(作法・所作)、マナーがあります。

    しかし、現実として「個」優先の社会とは言え人の上に立ち、経営・管理・指導する一部の方に
    感謝、儀礼や然るべき連絡不足などと言った社会人として最低限のことが為されないことが
    あちらこちら見られることが多いと実感しています。

    また、偶然にも熊本地震の直前に、来日されていた“世界一貧しい大統領と言われたムヒカ氏”が話された、
    今日本人が失いかけていると思える「知足の心」即ち『足りるを知る』の心もその一つではないかと思います。

    自然災害の恐ろしさや被る様々な心や物の被害は実際に体験した人しか判らないと、思われます。
    ましてや、終わりの見えない余震が今もなお続く熊本市・益城町などや大分で生活している方々
    被災地に身内を持たれている人々の辛さや苦しみは、現地で、直に肌で感じ取れない所で
    生活する私達には計りしれないものがあるのではないか、と思われます。

    心の礎のブログで貴重な御縁を頂戴し、5月20日テレビでも放映された
    印度料理「シタール」増田社長の故郷益城町、
    また、熊本出身で世界中で活動されている宮テラス代表ビューティ人財プロデューサー杉本美佳さん
    お二人の親族の方も被災され、とても他人事とは思えません。

    熊本では、被災された夫々の皆さんが
    「知らない人と繋がり、人の温かさを思い知らされた」
    「ボランティアの方々に勇気づけられた」
    「周りの人から沢山の元気をもらえた」

    と言った声も数多くあるように思われます。

    どの被災地で聞かれるこのような被災者の声は、「人との繋がりの大切さ」ではないでしょうか。

    日本全国どの地域でも、個人中心の意識が高まる一方未曽有な自然災害に少なからず見舞われたこともあり
    人と人との繋がるコミュニティなどの場を創ろうとする活動が年々多くなってきているようです。

    被災地から遠く離れた所で義援金や物資など以外で今現在私達に出来ること、しなければならないこと
    それは、物に溢れた現況の中で『知足』を知り「人と和し繋がる」ことではないでしょうか。
    卒爾乍ら非力な私の今出来ることとしてこの講座を開き、一人でも多く方々のお役に立てるよう
    誠心誠意、利他の心でお伝えして行きたいと思います。

    尚、都内を始め国内どの地域でも開講を予定しています。
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2833-ee0a4695
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック