FC2ブログ

当サイトに御訪問頂き誠にありがとうございます。40年余サービス業に携わり,
その体験で得た仕事やコミュニケーションの技や知恵,学びを載せております。

コロナウイルスに立ち向かう日本人
日本中のみんなで力を合わせ和国コロナウイルスss新型コロナウイルス和国コロナウイルスssを撃退しよう!

※各投稿へのコメントは「日本語」でお願いします。


お店の一員

お店という組織の一員

◆縦・横の関係

お店では、あなた一人だけの存在ではありません。
あなたの職務はあなた一人だけのものではなく、お店という組織全体に関することなのです。

組織には目標があって、その目標に向け全員が努力しています。
ですから、お店の目標のため、店長の下、接客部門の人、調理部門の人、事務の人も含めた、
全員が打ち解け合うこと、協調しながら職務を進めていくことが何よりも求められます。
感じの良い、明るい職場の雰囲気はこうしたみんなの努力から生まれるのです。


◆上下のコミュニケーション

組織には、指揮、命令の系統があります。
命令と報告は一対のもので、上に立つ人との大切なコミュニケーションです。
命令は、受け手がよく納得していなければ、生きた仕事になりません。
受けるには要領がありますので心得ておきましょう。
受けた仕事は、計画的にテキパキと終え、終わったらすぐ報告しておきます。


◆命令の受け方と報告の仕方

〇命令を受ける時


① 呼ばれたら
→すぐ「はい」と元気良く返事をする。
 メモを取る用意をする。

② 命令を聞く
→要所ごとに「はい」と返事をしながら聞く。
 終わりまでよく聞く。メモをとる。

③ 疑問の点は
→不明な点は質問してから確かめる。早飲み込みしない。

④ 確認する
→聞き間違いや聞き落としのないよう、命令・指示の内容を確認する。
 必ず復唱する。

報告する時

① 結論から話す
→必ず命令した人に結論から話す。
経過や理由はその後で。「…が終わりました」

②説明が必要な場合
→要点を落とさないよう整理しておく。

連絡・引き継ぎ

職務上のヨコのコミュニケーションを密にすることも全体の職務を遂行する上でとても重要です。

・小さな事柄でも連絡しあう習慣をつける
・引き継ぎは、何をいつまでにどうするのか。また、それまでの経過はどうなのかを要領よく伝える
連絡する相手が不在の時は、メモを残す

言葉のコミュニケーション

どんな場合にも「お願いします」「はい」を忘れずに。
この言葉づかいは、礼節とコミュニケーションを生みます。

上司から部下へ、部下から上司へのコミュニケーションの言葉づかいとしても大切です。
また、お客様にも言葉の美しい響きを与えます。

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト



Theme: 仕事の現場 | Genre: ビジネス

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback