#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 心の礎「認める、認め合う」

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

自分をいちばん理解し、愛せるのは自分だけ!


そして、真の自分の心と向き合い、知ろうとしないで、

自心に言い訳や嘘をつき、背を向けて生きている自分もいます。

今迄見えなかった色々な世界が見えることに気付くのに、

みんなに生かされ生きているって、もったいない、です。

※私見ですがそう思います。


お薦め度【★★★★】全業種、業態用

心の礎認める和紙

◎誰でも簡単に出来る自分と「向き合い」心の【礎】を築く

今の日本は、個の生活が柱となり、他人に干渉されたくない意識と裏腹に、
他人と繋がりたいと思う心と自己主張する心が同居する複雑な社会に成りつつあります。

そのような現代社会での人間関係は、互いが「認める、認め合う」、
そして人を「思いやる」ことが、その人の「心の礎」となると考えます。

同時に、人は、他の人に支えられていきていられると自覚しながら、
一方で自らがその認識のためも含めて、
孤独さや淋しさを払拭するためにも様々な活動をします。

その一つが「認め、認め合う」活動だと考えられます。
中でも「他人を認める」には、その源である自心を知り、
その心を大切にすることが必要とされます。

「人から認められたい、認めて貰いたい」と思うならば、
先ず「自分と向き合い」、己のこころを理解し、相手の立場や考え方を、
素直に誠意を以って「認める」活動から始めることです。

人は普通に生活出来、順調な時は「自分と向き合おう」とはしません。
強い人は、「自分と向き合える」自分の弱さを認め、素直に受入れ、許す人です。
弱い人は何故、この自らの心と向き合わず背を向け、強みばかり主張したがるのでしょうか?

認める」ことより、「褒める」ことを優先しその活動するようになった今の社会、
どうして一番簡単で大切な自他を「認める活動」に目を向けようとしないのでしょうか?

幸せを掴んでいる人は、「認める」ことの【見返り】として、
「認められたい」と言うことを望まず、求めず、
私心を無にして他者を認める活動をしています。

例えば、会話する時に、自分のことは話さず「利他の心」で話をしたり、
感謝の心を表現伝達したりする活動を、進んですると言うことです。

そしてそのような人は、相手に対して、
いつも「拝の心」と「素直な心」を持ち接している人です。
同時に、相手の「安心感」を与えることを意識し、
そのキャッチボールも忘れずにしています。

詰り、相手を認める活動、詰り「思いやる活動」は、
「認められる」ことにも繋がると知ることです。

では、この認める活動はどんな人がしているのでしょうか?

♥ 認めることは自他の心身と真摯に向き合うことだと思っている人
♥ 「筋を通す」ことは、認めることの現れだと考えている人
♥ 人として認めることの大切さ、認められないことの弊害を自覚している人
♥ 感謝は認められたことへのお返しだと考えている人
♥ 利他の心は認めることを主とし、認められたいと言う思いを捨てて生きられる人

・・・・・などと言った人ではないかと考えられます。

この下のシートは、自分と向き合う、第二のステップ「認める」の一部です。
このステップは、以下のこの三つを自分で見つけ出すためです。
  一、自分の良いところ
  二、自分のしている認める活動
  三、人にしている認める行為


尚、近々(6~7月内に、この学びを直ぐに生かせる講座(講話&ワークショップ)を予定してます。
「認める」自己診断6-7
※.敢えて、✖印は数えないことがポイントです。
 


    ブログパーツ 
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2851-d98abdd1
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック