接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  認める【一言】-対面&非対面時

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

不安を与え易い「一言」(電話&メール)

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

忠言9-1

☎やmailで伝えた用件の重軽に関わらず、
「折り返します」
「後程」
「改めてこちらから」
と返事され、所要時間や日時を知らされないまま
電話を切られることが多々あります。

内容にもよりますが、聞く人は相手に『期待感』が生まれ
色々な想像したり、想定します。

ビジネスなら尚更です。
そして、連絡が来ないと要らぬ心配や想像し、多少なり
【不安感】を覚えているのです。

こんなことからも、話す相手と自分の心の距離、相手の「思い」を窺い知れます。
こういった些細なことも互いが「認め、思いやる」活動の一つです。

例えば、信頼関係にある人に
「何分後位に(何時に・いつ)、折り返します。」と言われたら安堵し、信頼も深まります。
このことは、電話に限らず、会話時の対人関係力にも求められます。
同様なことは、メールのレスにも言えることではないかと思います。

レスが直ぐに返せない時、短く「〇〇時頃に」と、メールをくれた相手へ思い遣る心で
短文でも伝えることによって、相手との安心感や気配りのキャッチボールになるだけでなく、
信頼関係や愛情の構築にも結び付きます。
場合によっては、折角頂いた御縁が途切れてしまうことにもなり兼ねませんので、
「折り返す」のたった一言でも【自分の発した言葉に責任を持つ】ことは、
相手を認める活動であり、自らの人望を高めることにもなります。

また、ビジネスなどに於いて現況を知らせる【中間報告】をしないと
相手に不安感与えたり、、要らぬ心配や気苦労などをさせてしまうことます。
結果、組織としても、人としても折角築いた信望を失いかねません。


信頼12


    ブログパーツ 

    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2856-1e4dd8f6
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック