接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  ワンポイントアドバイス(おもてなし・接客・接遇)

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

おもてなし接客接遇時のワンポイントアドバイス

・・・「礎」サービステキストより抜粋・・・

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

ワンポイントアドバイス枠

(1)言葉の語尾と共にお辞儀を始めよう≒語先後礼

「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」などの接客用語と一緒にお辞儀をする人
がいますが、しっかりとお客様の目(アイ=愛 コンタクト)を見てから言葉をかけ、
語尾まで言ったところでお辞儀をスタートさせると好感と余韻を与えます。
身体の大きさの個人差、ТPО、その場その時の空気を読むことを怠りなく。

(2)浅くてもいいからお辞儀を止める

お辞儀の角度にのみ意識が行きがちですが、深くなくても、浅いお辞儀でもいいですから、
背筋を伸ばし、一番深いところで一旦止めるのがポイントです。
上手なお辞儀をする人は、言葉や体格に合わせ、上下げの速さ、停止時間を変えています。
誠実さ、誠意が感じられ、しかも動作にメリハリが出てスマートな印象を与えます。
これも体格や声の表情などによって個人差があります。

(3)お客様に背中を見せないように

接客時は「家族や友達を我が家に迎えるような、温かい思いやりの心でお客様を迎えよう」
とよく言われる気配り、心配りをすることです。
特に道路、通路などを歩く時の身のこなしに、相手への心が表れます。
身近に感じられるようにお客様を「あなたの大切な人(恋人)」と想定するのです。
年配のお客様には、「大切な人(恋人)」のご両親、ご親戚」であり、
年少のお客様は「大切な人(恋人)の弟や妹」とすれば、
心のこもった「思いやり」が伝わる接客サービスが出来るはずです。
※何れにせよ、良いチームワークがなければ、相手の心に響き心を動かせません。
・・・など。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2861-f5963d5a
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック