#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 個性を生かして楽しく生きる-1.

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

自分の個性・素の姿(本質)を生かす(≒パフ―マンス?)

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

自分の埋もれている可能性を見付けないなんて“もったいない”

  個性を生かして楽しく 

 日常生活、接客接遇おもてなしの仕事から会社での仕事、総て「人」に関わります。
 今の少子高齢化社会は、益々「個」の意識が高まりを見せ、良し悪しは別にして、
 個性を発信する個々人の色々なパフ―マンス化(演ずる活動)が目立ちます。

 一方では、スマホなどの一人で楽しめるIТ機器の発展や女性の社会的進出や男子の草食化などからか?
 『人との繋がり』が薄れつつあるのではないでしょうか。

 私達の青春時代は、個人生活を度外視して、戦後の国の復興に目を向けて
 【モノづくり】に力を注ぎ、今では世界中から注目される国になりました。
 でも、一部の人を除いた一般人は仕事で疲れて自分と向き合う時間を持てませんでした。
 向き合うとすれば、自然、癒し、文化芸術、欲求を満たす対象となる色んな人ものでした。

 現代社会は、その真逆と言ってもよい程自分と向き合う時間と情報が溢れています。
 例えば、好かれる仕草、言葉、メールの書き方といった情報に多くの人が振り回され、
 自分の本質と異なったみんなと同じ、無個性のパフ―マンスことも見受けられます。

 人は、自分を愛し、一番理解し、大切にしたいと思いながら生きています。
 自ら本質を普段の生活に生かすには、素の自分の良いところを素直に認めながら、
 それを表現する⇒個性・本質≒パフ―マンス詰り、自分の個性を生かすパフ―マンスを行うことです。

 この度世界一なったイチロー選手、スケートで活躍している羽生選手、国内外で有名なサッカー岡崎・本田選手
 など、世界レベルで活動活躍されている皆さんは、個性を生かした素晴らしいパフ―マンスの持ち主です。
 彼らの心を支えているのは、人間として真摯に自らの心とスキルと「向き合う」活動です。
 
 そのことによって自分への信頼(=自信)を持てるようになり、心と身体の今の力が理解出来、
 足りない心とスキルに自ら気付き、前向きにどうすれば良いかを考え、自身に合った活動をし、
 果敢に挑戦し、素晴らしい結果や成果を出していると受け止めます。

 私達一般人は、彼らのような活動、活躍する姿を多くの人に観て貰うのは到底無理なことです。
 しかし、彼らと同じ人間ですから「自分と向き合う」ことは出来ます。
 その活動は、先ず自分の良いところ、不足しているところ、出来ること、やりたいこと
 探し、見付け出し、素直に認めることから始めなければなりません。

 個性を生かして楽しく生きる-2.そのためにどうするの?に続く。

 

    ブログパーツ 
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2864-87dd8f81
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック