FC2ブログ

ひとり一人が幸せ溢れる自然な笑顔になれるよう
人枠拡散思いやり

当サイトに御訪問頂き誠にありがとうございます。40年余サービス業に携わり,
その体験で得た仕事やコミュニケーションの技や知恵,学びを載せております。


※各投稿へのコメントは「日本語」でお願いします。


個性を生かす-和の心

 の心を大切に!

思いやり和

」=「輪・話・環」と調和

 私達の住む日本の気候は、温暖さ湿潤さを兼ね備え、
 照葉樹林を中心とした多くの森林に覆われ、
 四季の変化に富み、台風があり、降雨量にも恵まれています。

 このような日本の自然の風土が長年に渡り人々の生活に影響し、
 互いが敬い、そこから生まれる「」(=倭)を好んで尊ぶ
 国民性から形成されたとも考えることが出来ます。

 また、日本人は自然の様々な現象に「調和」を見出し、
 自然と共に生きられるように心掛けて来た民族だとも言えます。
 日本民族が「和」を大変重んじるのは、
 このような自然からの恵みに依るもの大きいと考えます。
 同時に、日本人は人の目や他人の思惑を重んじ、
 自らの恥の意識を植え付けられながら育った時期もあります。

 このような自然環境や様々な日本人独自の民族性から
 生まれたのが世界に類のない日本人独自の文化「おもてなし」です。

 日本の「おもてなし」に於いては、人と人との「和」、
 自然の環境と控え目でさり気ない立ち振舞いを
 大事にするのもこのようなことに由来すると考えられます。

日本の心・和

 聖徳太子の言葉に日本人の物事の考え方や捉え方を表す
「和を以って、貴しと成す」の文言があります。

 過去の人生に照らし太子の言われた「」とは、
 単にプライベートや職場の仲間同士で仲良くすることではなく、
 互いが「和」の心を以って心を通わせ合い、話合い、触合うことで、
 そこにおのずから物事の「」が通い合うと言うことであると解します。

 別に、「和む」と読み、「場を和ます」などに使われるのも、
 このようなことによると考えられます。
 また、職場内や様々なスポーツでの仲間の「和」は、「輪」「環」とも解され、
 「和」を以って仲間同士「輪」と「環」を作り出し
 仲良くすること、即ちチームワークと称されています。
 このチームワークは、目標や課題に向かい全員が「互いが和を重んじ」、
 「心を一つの輪」にした、集団と言う「環境」にすることを指すと思います。

 熊本の自然災害や東日本大震災の復興に向かい、
 少子高齢化社会に入った現在の日本の社会、
 私達一人ひとりが心を一つにするためにも「和」「輪」「環」の心を
 日々重んじて生活して行くことが大切で必要とされると考えます。

 日常生活の大半を占める職場や仕事上の
 人間関係に於いても、「和」と「輪」はとても大切です。
 何かの課題や計画を行おうとする時や様々な問題を解決しようとする時に、
 皆がお互いを信じ合い、「環」を意識し、「和」を以って「輪」で取組むことで、
 最初は不可能ではないかと思えた課題でも解決出来ます。

 また、一つの目的や目標に向かい、職場の全員が心を合わせ
 考えたり、行動したりすることで、素晴らしい成果を得られたり
 一人では想像もつかない色々な発想やアイデアが湧き出たりします。
 私達日本では、このような「」と「輪」「環」を称し、「調和」と表します。

 日本人は古より、
 「人を許し、人を生かして、共に調和して生きようとする心」
 を持つ国民性があると言われています。
 また一方で、「」と「輪」「環」即ち「調和」を重視するばかり
 「曖昧」になってしまうと言う弊害もあります。
 この「調和」は、目的を同じくする様々な集団を一体化し、
 単なる要素を組み合わせた総和を越え、
 想定外の大きな団結力や創造力を育み生み出します。

 このような私達日本人ならではの「和」と「輪」「環」、「調和
 を図る上で日本の文化「おもてなしの心」はとても大切です。

 は「先ず人を思う」ことで、「和」と「輪」、「調和」を重んじ、
 他者とその置かれた様々な環境を大切にするようなります。
 そしてその心の原点は、日々の出会う人、触合う人々や
 相手の心にさり気なく寄り添う「思いやる心」であると考えます。

 人付き合いや職場の表面だけの形ばかりのコミュニケーションではなく、
 人々が思い遣りの心を持ち互いがその心を感じられるコミュニケーションこそ、
 少子高齢化や経済不安など数多くの厳しさに立ち向かう
 これからの私達に必要不可欠であると考えます。

 私達ひとり一人がこの「おもてなしの心」「思いやる心」を持つことは、
 起きている人としてあるまじき、悲しく辛い事件を
 引き起こさないためにもとても大切なことであると強く思います。

 私達一人ひとりがもう一度日本人である『原点』に立ち返り、
 「日本の文化おもてなしの心」を熟知し、身に着けるべきであると考えます。

和顔和を以って為すs

※この和顔和心(ワガンワシン)は、生きてきた学びから創った自作熟語です。
関連記事
スポンサーサイト



Theme: 心の持ち方 | Genre: 心と身体

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback