#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) おもてなしは「思いやり」

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

 思いを遣わすおもてなし

 お薦め度【★★★★】全業種、業態用

 思いやり・おもてなし

 現在は社会全体が豊かになり、あらゆる情報に満ち溢れています。
 そして、人々の生活は会社や組織を中心に考える塊(集団)の生活から、
 個人を中心に考える生活、即ち個の時代へと変わりつつあります。
 こような「個」重視の社会生活では、当然ながら人と人との繋がりは欠かせません。

 近年多発している自然震災で被災した多くの人々の言葉に
 「この震災で、心の繋がりを強くした」と話されております。

 度重なる未曽有うの自然災害は結果として、
 地域社会の人々が忘れかけていた周りの人々を思いやる心の大切さを教え、
 震災に見舞われた人々の心の繋がり、互いに支え合う結びつきを生む原動力となったのでしょう。

 一方では、人々の心の中に「自分さえ安心安全であれば」と思う、
 自利自己中心的な考え方や認められたいと思う心からか
 保身・自己顕示の意識が強くなりつつあることも否めません。

 更に我国は高齢化が進み、少子高齢化社会になりつつあるのが現状です。

 このような社会現象は、人と人とが互いに
 「認め合う思いやりの心」や「人と人との繋がり」を失いつつあることに対しての警告に思えます。

 今こそ、互いに「おもてなしの心」即ち「相手を思いやる心」を持ち、
 それを表現するマナーおもてなしの所作の大切さを強く自覚・認識し、
 日常生活や社会の中でそれを生かす必要があるのでないでしょうか。

 おもてなしマナーは、様々な人々との出会いや触合いで相手を「思いやる心を表す形」です。
 
 このマナー(もてなし応対)について、実際に体験したことを引用して解説してまいります。

 とある日、研修を依頼されたある会社の事務所に訪問した際、ドアを開け
 「こんにちは、ごめんくださいませ
 と挨拶して、事務所内を見渡したところ、数人の事務の方が一斉にこちらをチラッと横目で見、
 その中の一人が座ったままで「どちら様ですか?」と聞いてきたことがありました。
 私は「基と申します、総務の○○様からお電話を頂戴しましので、お伺いしました」と伝えたところ、
 「ちょっと待ってください。今呼んできますから」と言い、そそくさと総務の方を呼びに行きました。

 また、別の同じ人数のいる別の会社へ同様な用件で訪問した際の、ドアを開け同様な挨拶すると、
 事務所の中に居る全員が立ち上がり、
 こちらを向き、軽い会釈と共に「いらっしゃいませ」と挨拶をしてくれました。
 そして、その中の一人が間髪を入れずにサッと立ち上がり、私の正面までススッと近づいて来て
 「失礼でございますが、どのようなご用件でございますか?」
 と尋ねられ、用件を伝えると、
 「かしこまりました。只今○○を呼んで参ります。
  どうぞこちらにお掛けになりお待ち下さいませ
。」
 とソファーに案内してくれました。(これは著名な会社の出先機関です)

 この二つの会社の大きな違いは、最初の応対の言葉や仕草に表れた、
 対面時の「おもてなし」の心の表現、言い換えれば「思いやりの心」の有無に他ならないのです。

 また、非対面時における代表的な事例として、電話での様々な応対があげられます。
 或る時のこと、携帯の契約内容や操作法について、販売ショップに電話をした時のことです。
 かなりの時間を要すると考えられるこちらの質問に対し、電話口に出た方が丁寧な口調で、

 「恐れ入ります、お客様にご質問にお答えするにはかなりの時間を要します。
 お客様の契約内容ですと,お客様の通話料金がかかってしまいますので、
 直ぐにこちらから折り返えさせて頂きたいと存じます。よろしゅうございますか?」


 と心優しい応対をしてくれました。
 現在に至るまで、契約更新などで、何回となく通話をしましたが、
 このような応対を受けたのは初めてのことでした。

 このことは、間違いなくお客様を思いやる心の表れであり、非対面時のおもてなしです。
 この会社を使っていて本当に良かったと、改めて思いました。

 日常でありがちな、折り返すと言っても、

 *何分ぐらいでとか
  *折り返す時間も告げて来なかったり


 今忙しいからと言って、曖昧な受け答えをしたり、
 *会話可能な時間を伝えてこなかったり
 する電話応対が多い中、
 当たり前のようで中々出来ない心のこもった気遣いの応対と言えます。

 非対面ながら、このようなマナーの行き届いたおもてなしと気遣いの電話応対は
 相手に感動と余韻を与え、その会社への「信頼の礎」を創ることになります。


 このような二つの事例でも明らかなように、
 心のこもったマナーはビジネスの場やお客様との触れ合う接客接遇の場は勿論のこと、
 普段の生活でも円滑な人間関係になくてはならない大切なことなのです。


 思いやりを表すマナーおもてなしは、

  切っても切れない、強い結びつきの親子や大切な人との「絆」です。


    ブログパーツ 
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2908-a03b233d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック