接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  人間力「躾」

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

の形と心

お薦め度【★★★★】全業種・業態用

人間躾

:現代社会では、人の目や思惑を気にしながら生活する人が多くなってきているのではないか、
また、自分の都合優先や好き嫌いで生活や仕事をしている人も多いと感じています。

中でも特に『心のは、善悪の決断、活動の是非、行動の良し悪し
と言った自分を正しく律するために必要とされるものですが、疎かにされているようです。。

は、社会生活での人との触合い、人と繋がりながら生きていく為、
円滑に生活するために無くてはならない人間としての「心の礎」であり、
接客、接遇、おもてなし(ホスピタリティ)に不可欠なマナーの原点です。
言い換えれば、人として大切な『思いやり』の表現や伝達の原点でもあります。
は、人の心の中にエチケット(マナー)として、感情や自己都合に捉われず
相手に伝えてこそ、その人の備え持つ個人の人間力の魅力として生かされます。

おもてなしに至る順序】
躾☞常識力(コンプライアンス)☞ルール(作法) ☞マナー(エチケット) ☞おもてなし(ホスピタリティ)


躾と常識力の境目をキチンと区切ることは困難ですが、以下大きく捉えた項目であげてみました。
皆さん夫々が持たれている「ものさし」で量ってみて下さい。

[評価参考]充分出来る・有る・多少ある・不足・無(欠ける)

A.≪形を優先する躾≫

1. 会食(食事に関わる)
2. 使用後の物、ゴミや紙くずの処理(公の躾)
3. 行動(仕草、歩行、相手を立てる、庇う、謙る)
4. 対処・処理の仕方
5. 席順、席次
6. 和室(和風に関する躾)
7. 姿勢の正しさ、端正さ
8. ルールの遵守(コンプライアンス)
9. 身嗜みの意識と表現
10. T.P.Oに合わせた表情
11. 返事力
12. 挨拶力
13. 電話応対力
14. お辞儀(礼の表現)
15. 傾聴力
16. 会話力
17. 言葉遣い
18. 敬語力
19. 4.S.の意識と実施⇒整理、整頓、清潔、清掃
20. 報告・連絡の確実さ


B.≪心が伴う躾≫

21. 礼の意識(礼節・礼儀)
22. 謙譲心と表現
23. 義務と責任意識
24. 素直(≒受容)
25. 誠実(正直・嘘をつかない・言行一致)

26. けじめを持つ(節度)
27. 真面目さ(勤勉さ・陰日なたが無い)
28. 約束事を守る
29. 優しさの表現(お世話)
30. 感謝の表現

31. 人と物を大切にする
32. 尊ぶ心
33. 敬う心
34. 感情の自制
35. 立場転換意識

36. 無視しない(返答・返事)
37. 曖昧にしない(問かけ・答)
38. 笑いでごまかさない(笑って逃げない)
39. 不安を与えない
40. 人の嫌がることをしない


※上記A.Bいずれにも当て嵌まる項目が幾つかあります。



    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2936-1eb71927
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック