接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  自らを愛し信じる力!

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

自己認識力を育む

お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

自己認識力L

人は誰でも、自分を心から愛し、その自分を信じ大切にして生きています。
そのために、自らの心、自分の力を信じて生きて行きたい
と考えながら生活しているのではないかと思われます。
しかし、今の日本の社会や日常生活では、その意識過剰のためからか、
自分だけの安心安全や身勝手な保身の言行態度が多く見受けられます。

私達は、自らの日々の生活姿勢を振返ると共に、自らの心や態度を見つめ、
自ら指さす活動、即ち「自心と真摯に向き合う」ことによって、

自分は欠点もあるけれど、中々良く出来る、魅力的で良い奴だ

と考え捉えられる人は、人生をポジティブな思考や言行で、
前向きに生きて行くことができるのではないでしょうか。
このようなことは、
自らを愛し信じる力⇒自己認識力
自心にあってこそ出来るのです。

人は誰でも、自らの心や力を信じて生きて行きたいと思い、願いつつ生活をしています。
自心に嘘を言い、言い訳や偽ったり、自らを誤った理解や過剰評価したりすることで
起こる「自利利己心・自己顕示・自信過剰・自惚れ・傲慢・驕り」などとは異なる、
本当の意味での「自らを信じる力」は、私達の人生に様々な徳や恩恵を与えてくれます。
その意識を備えることで、その場凌ぎのいい加減な生き方や思想には染まりませんし、
自分自身を信じ大切にすると同様に、他者とその人の大切なものも大切にします。

その為に自心と向き合い、己を指さすこと、即ち日々自心を省み、何故?の心を以って
己の言行を思考し、その心を理解し、自分のした総ての活動や発言の責任を取ることです。

また、自らが判断決断し設定した、目標や課題に果敢にチャレンジし実行することです。
人はこのような自分を信じることで、他者と共に様々な力を合わせて素晴らしい結果を
あげられ、立派な結果や成果を得ることが出来ます。
と共に、お互いが「大切な人の大切〇〇〇を大切にする」ことを意識して行動することです。
この他者を大切にすることでその結果、自分自身を大切にすることが出来ます。

この「自らを信じ愛する力」とも言える【自己認識力】を育むためには、
次のようなことが考えられます。

自己認識力を育むために】

1.[ ] 自分の心に素直に向き合う(=自心を偽らない。嘘・言訳)
2.[ ] 何人、何事にも感謝の心で言行する
3.[ ] 人のために役に立ちたい、との意識で活動する
4.[ ] 奉仕(お世話)の心で思考活動する
5.[ ] 人の喜びや悲しみを心から共有・共感する

6.[ ] 愛されていると言うことを意識する
7.[ ] 信頼されているから、と言う意識で活動する
8.[ ] 立場転換意識で思いやり、活動する
9.[ ] 何故の心を以って目的や訳(原義)を理解する
10.[ ] 自らの知能を自覚し、足りない知能を補える

11.[ ] 我欲を捨て無心で人と触れ合う
12.[ ] 自分はだれかを支えているのだ、と信念を持つ
13.[ ] 人の思惑や目を意識しないで言行する
14.[ ] 自らの知能(スキル)に自信を持つ
15.[ ] 自ら誰かのためになくてはならないと自覚する

16.[ ] 見返りを意識しない言行をする
17.[ ] 驕りのないプライドと、信念を持つ
18.[ ] 自分を叱咤激励してくれる人を大切にする
19.[ ] 無視や曖昧な言動はしない
20.[ ] 自分の大切な人・ものを大切に思い、活動する
・・・・・ など。
今の自らの持つ自己認識力を振返り、指差してみることは豊かな心と未来を創り出します。
また、自己認識力は何事にも耐えられる【忍耐力】と【チャレンジ心】の原点でもあります。


    ブログパーツ

    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2944-38507eca
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック