接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  お店やホテルでのおもてなし

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

一体何を以って「もてなす」のですか?

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

おもてなしの心

〇〇の「おもてなし
〇〇で「おもてなし
おもてなし」の○○・・・


などと言ったキャッチコピーを様々な処で観る機会が多くなりました。
同時に、それは具体性に欠ける抽象的な表現方法が多いのではないでしょうか?

例えば、一般的な専門飲食店やシティホテルの場合、
メニューやお部屋(商品)、個性的な店の内装と共に顧客へのお世話や配慮に心を尽くした
提供する側のホスピタリティマインド」を主とした「おもてなし」なのか?
それとも、形あるメニュー商品やお部屋を主と捉えた「おもてなし」なのか?

また一方では、提供する商品を引き立て、その場の雰囲気を醸し出す「設え」を重んじ、
形ある商品「モノ」と目に見えない心「コト」とを巧みに絡め合い顧客との心を通わし合う
即ち、「モノ」の魅力だけでな、その味わい方、使い方と言った楽しみ方である「コト」を
さり気なく何気なく伝え、相手を想う心が感じられる日本的な「おもてなし」なのか?
このようなことが明確にされた「おもてなし」の表現ならもっと一人ひとり顧客の心を掴み、
多くの期待感や実際に味わった後の充分な満足感を得て戴けるのではないかと考えます。

端的に言えば「おもてなし」は、「商品とその心を共に味わい楽しむ」人の活動だと言えます。

また、このように「もてなし」の形がどんなことなのかを明確に表現することは、
提供する側、受ける側、両者にとっても捉え易く良いことであると考えます。

このような独自のサービスやもてなしの個性化を図ることは、人創りと健全経営のために必要です。
同時に、今後の日本への観光客誘や来る2020年の東京オリンピックでお迎えする
世界中の方々へのおもてなしの充実にも繋がると考えます。

世界に誇れる、日本ならではの独自の文化「おもてなし」を皆で広めて行きましょう。


    ブログパーツ 

    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2948-da7bf58b
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック