接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  神対応

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

神対応と神応対

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

神対応枠Q

最近、心豊かな人達の「〇〇〇の神対応・・・」と言う言葉を耳にします。
この「神対応」は、相対する人を思いやる心から自然に生まれ出る言行と考えます。
この語は、独りの人が多くの人に対する場合を言い表します。
主となる人が相対する人(個人・特定複数)への場合「神応対」と言い表すと考えます。
これは、下記した応対対応の語彙に因るからです。

■「対応」一人称と「応対」二、三人称

「対応」一人称と「応対」二人称

応対」は、You・Your Stage ・二人称以上への意識
個人または複数の相手(お客様)に対し、
相手の立場や状況を察知し、受け答えや処置・行動をすることです。
「電話応対」「応接室」、「応接間」とも言うように、触合う相手やお客様等々を気遣い、
思いやる心を以って「おもてなし」をすることではないかと思われます。

対応」は、My Stage ・ 一人称での意識
相手やその人の置かれたの状況に対し、
こちら側が主になり対処処置等々の言動、態度をすること。文字色
この「対応」は、必要に応じて思いやりや謝意などの
その場その時の状況に合わせたの表現をすることが必要です。

このように「応対」が「対応」と異なるのは、
接する相手(主に個人・特定の人々)を中心に思い考え、
その相手に合わせた、態度、言動すると言うことです。

おもてなしとも言える神対応の【】=『礎』(土台石)は、

   人を心から思い遣る「利他の心」思いやりです。


参考記事
応対と対応の知識
立場転換


    ブログパーツ 
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2956-dedb8ca6
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック