接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  対人関係構築の心身の活動

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

imagesCA2UZJHEs.jpg「気遣いと「心遣い」

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

気遣い」は、相手へあれこれと気(神経)を使うことです。
この「気遣い」はある程度定められたルールが記載されたマニュアルに沿ったものであり、
サービス業などで対人関係として教わり習う、最低限の対人関係上のルール(マナー)です。

気遣い」の意味は、基本的に 相手に必要とされる言行をすること。
 →(ルール・マナー)
例を挙げると、温かい「気遣い」と言う表現は適しません。
「お世話になっております」や「お忙しいところ」
という言葉が気遣いを表現します。

心遣い」は、相手の気持ち(心)を 思いやる心(想像・洞察)です。
それは、心、想い、思想、精神を思いやりとして相手に表現する心の活動です。
「〇〇〇〇を戴き、お心遣いに感謝いたします」
というように使い方をします。
それは、相手の気持ち(心)や助けになることを思考(想像)し、
対人関係上で積極的に行う思いやる心の活動です。
相手のことを心から思いやり、相手の立場で思考する言行が「心遣い」です。
従って堅苦しいルールやマニュアルは存在しません。
その場、その時の状況に合わせ相手の心を想像・推測した上での言行と言うことです。

心身の活動・虹枠
※以下に簡単にまとめてみました。

目配り(お客様の心身、店舗や施設の隅々迄見る) 観察力

気配り(状況を察した言動する)⇔察知力

心配り(心の状態を察した言動する)⇔推察力

気遣い(来店動機、目的、精神状態を配慮、推察して言動する)⇔洞察力

心遣い(相手を思いやり相手の立場に立つこと。心・想い・思想・精神)⇔配慮・洞察力

気働き(温かな口調、心の篭ったマナーで お客様に合わせ積極的にお世話する)⇔創造力

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2961-c86d69fc
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック