#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 【礼】 は勇気?!

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

様々な勇気を表す【礼】

(可否の意思表示、断る、諭す、外す、叱る、謝る、無視しない、など)

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

礼・濃紺枠
(備考)礼の文字は、人の心と屈体と捉える

※以下の内容は自らの学びと課題でもあることを予めお知らせしておきます。

今の日本は少子高齢化の個人中心の社会に入り、
安心安全を過度に意識ずるばかり、
自己(自社)の都合や保身、
自分に対する人の思惑(目)や
過度の自己表現情報に左右され易く、
本来の自分の持つ意見(意思表示)や備わっている
資質を適確に表せなくなって来ています。

喩え、肉親や親しい人であっても
他人の心は見え難く、中々理解し難いものです。
現代社会は人の思惑を気にするわりに、
自心が見えない人、知ろうとしない人が多い中、
確りと自心と「向き合いっている人」は、
人望かあり、実績結果、幸せを手にしています。

その人達に共通して言えることは、
自分の弱さを認め(自省)、
勇気(=相手への礼)を備え、
キッチリと先を見詰め、人を受入れ許し、
筋道=理(道理)弁え、自らYESNOが言える人です。

以下「断る勇気」≒『礼』必要ないと考え
或いは備えてない人は、どんな人なのか?を記しててみます。

〇「自分の発した言葉に責任を持たない人」(口先ばかりの人)

〇「他人の思惑や目を極端に気にする人」

〇「いい人と思われたいと意識している人」

〇「世間体や体裁を気にする人」

〇「内面より外見を美しい、可愛いと見られたい人」≒「外面(ソトヅラ)が良い」

〇「保身優先思考の人」≒「立場の保護・自己安全」

〇「敵を作るのが怖い人」≒「いい人に成りたい」

〇「人間関係を損ねるのを恐れるあまり、拒否をすることが出来ない人」

〇「何事、何人に対しても都合のいい人でありたい人」⇒「信頼を誤解して受け止めている」

〇「人の意見や提案に対してNOと言えない人」≒「曖昧で実行力が伴わない」

〇「頼まれごとをしたら、嫌だとは言えないけれど、実際は何もしない人」

〇「断ってしまった後のことばかりを思い巡らす人」

〇「利己主義なヒト」=「自己中」

〇「生きる目的が、己だけの楽しみにある人」

〇「見栄っ張り」「自信過剰」な人≒「自己顕示が強い」

〇「己に自信がない人」≒「ネガティブ思考の人」

〇「己の感性を重んじ、人の話を受入れない人」

〇「其の場しのぎをする人」

〇「笑って逃げる人」

〇「お人好しな人」(「いい人」と「人柄がいい」は異なります)

〇「人が心から信じられない人」≒「裏切られた体験がある」

〇「性悪主義」≒「性善説を信じない」

〇「二分の一の思考を持たない人」

〇「利益中心主義な人」≒「お金で何でも手に入れられると考えている人」
 ・・・等々。


追記)上記の項目は、あくまで現在までの体験と様々な学びから載せております。
   この項目は、読まれる方への押付けではありませんから御自分の判断でお決め下さい。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2982-145f0e2f
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック