#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 来店時のおもてなし

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

来店時に、お客様が感じるおもてなし

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

お客様が感じるおもてなし

お客様の目線で自分達の接客・おもてなし、商品、店を省みる

1) 入口に案内出来るスタッフが居る

・客として認められた(来たのを分かってくれた)
・依頼心が生まれる(案内してくれるだろう)・挨拶で心が和む
・来店主旨を伝えられる
・安心感が生まれる(席を探さないで済む)
・案内係へ依存心が生まれる
・要望(席、個室、喫煙など)を伝えたい
・期待感が生まれる

2) 心地よい笑顔の挨拶が生む意識

・気持ちよく席に着ける
・お客として認められたと思う
・礼儀正しい店に来て良かったと安心安堵する
[期待感]
・心を落ち着けてくつろげる店だろう
・楽しく過ごせるだろうと期待する
・お客として大切に扱ってくれるだろう

3) 正対したお辞儀から生まれる意識

・客として礼を以って迎えてくれて嬉しい
・折り目正しいきちんとした応対を期待する
・価格相当の心地よいもてなしをして貰れるだろう
・きっと安心して寛げるだろう
・きちんとした飲食物店に違いない
・心地良い接客を受けられるだろう
・礼節を以って、もてなしてくれるだろう

4) 自然な笑顔がある

・こころが和やかになる
・親しみのもてる店に違いない
・親近感のある笑顔で接客してくれるだろう
・和やかな気持ちで飲食出来るだろう
・満足できる商品、もてなしを提供してくれる店だろう
・親切な言行と親しみ易さを受ける
・さり気なく接してくれるだろう

5) 誠実な言行・態度

・気持ちの良い爽やかなともてなし(サービス)が受けられる
・安心感が生まれる
・商品が信用出来る
・折り目正しいもてなし(サービス)が受けられるだろう
・経営姿勢が伝わってくる
・安らいだ心地よい気持ちになれる
・平等なサービスが受けられる
・商品(メニュー)に誠実さが表れているだろう

6) 心地よい話し方(堅苦しくない敬語)

・客層(客質)に合わせた会話は信頼出来る
・キビキビ感とハキハキ感を受ける話し方で爽快感を受ける
・気配り・目配りがある安心安全に過ごせる店だ
・今日は楽しく寛ける
・活気のいいサービスから商品への期待感が生まれる
・親近感が持てる
・満足させてくれるもてなしを期待する

7) 店と人との清潔感・クリンリネス

・接する人から店の経営姿勢を感じる
・徹底したクリンリネスから安心安全を店全体から与えてくれる
・おもてなしの設えの心が表れている店
・きちんと清潔に磨かれた店だから心地よく感じられる
・安心して飲食できるだろう
・清潔さは規律の正しさ、誠実さの象徴だ

8) 美しく整然とされた店内外

・顧客満足を意識して営業している
・規律の正しさがあり、信頼できるだろう
・あらゆる面に美しさを味わえるだろう
・整然さは営業姿勢の表れだから落ち着いて寛げる
・きちんとした応対があるだろう期待を持つ
・客席の居住性も良いだろう
・きっときちんとした会社、店だと経営姿勢を感じる
・素敵ななもてなしが味わえるだろうと期待する


一般的な来店時の顧客心理と思われる項目を記しました。

お客様目線で、自分たちと周りを振り返ってみましょう。

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2988-ff9edd63
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック