接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  「心の基礎体力」の必要性

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

心・技・体&心技一体

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

心技体小

現在の社会では、「心技体」のバランスが崩れ、【心磨き・技錬り・体等し】でなく、
個々人の対外、対人関係に於ける「」や見た目の「」に重きを置き過ぎ、
肝心な心の育成が軽んじられているといるように思えてなりません。

外面と内面の差、いい人と思われたい気持ちから曖昧にする、見た目優先、
まず自分の都合を考える、などの行為が日々の生活でも目立つようになりました。
同時、自分と向き合わず、自心に嘘をついたり、言い訳したりしながら生きる人も増えました。
その結果として、いじめ、自殺、ハラスメント、離職率や離婚率などが高まったことにも表れています。

また、現在の日本社会では「心の基礎体力」不足が否めないと思います。
例えば、思いやり、誠実、謙虚などと言ったことについての心に関する基礎知識や具体的な活動が
一体どんなことを言うのかを意識せず知ろうとしないひと、まだ学ぶ場がなく知らない人などが、
表面上のコミュニケーション力のテクニックを学び、行動していることにも表れていると思われます。

そして、それはセミナーや講座もそのような対外的が多く人気があることにも表れています。
だからと言って、形や対外的な技やスキルを磨くことを否定しているのではありません。
そのような技と同時に心の知識を学び、自らの心を磨き育てることを怠らないことです。

大政奉還の後、徳川の篤姫が言われた
徳川の世は終わっても、その心はいつまでも残る
の言葉にもあるように、形ある物はどんなものでもいつの日か崩れてしまいますが、
人としての「心」は忘れ去られることなくいつ迄も心に刻まれます。

今迄の人生体験から、「」に拘らない何気ない自然な姿は、
己の心を育むばかりか人の心に影響を与え 触合う人々の心を動かすと確信します。

改めて技と共に、技の心を学び知ることと同時に、社会人基礎力の基となる
何事にも屈しない強い「心の基礎体力」を備えることが今の日本人にとって急務ではないかと思います。

」と「」を共に学び、身に着け「」全体で表すのは、
少子高齢化社会に入った今もこれからも必要不可欠なことだと思います。



    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2991-ddd626f6
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック