接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  自立と信頼

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

自立心」と「信頼」の関係

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

自立心

信頼は、一般的な語彙[信じて頼りにすること。頼りになると信じること。また、その気持ち。]
の他に、周囲から寄せられる[未来への期待]であると解します。
情報過多な現代社会で自立するには、自らか周りの意見に左右されず意思決定することです。
自立自立心は デジタル大辞泉の解説辞書に以下のように記してあります。

自立
1.他への従属から離れて独り立ちすること。他からの支配や助力を受けずに、存在すること。
2.そのものだけで直立すること。別のもので支えていないこと。
【自立心】 デジタル大辞泉の解説
1.他の力や支配を受けないで、自力で物事をやっていこうとする心構え。
2.人に頼らず、独り立ちして自力でやっていこうとする心構え。


自立心は、人に頼らずの語彙からも信頼とは深い関係があります。
また、自らの意思表示や意思決定、物事の判断や決断にも大きく関わり、
人間関係で大切な信用や信頼にも欠かせないことです。
自主・自発性と言われる自立心は、物事を行う際、命令を下されなくとも、出来るということです。
それには目標の選択、その目標の達成過程のプロセス・手法と言う実用的な計画をたてることまで
含まれているのです。

【自立した活動】

1.明確な意思決定をする

2.具体的な目標を決断、決定すること。
 「私は達成したい」というような言い方でなく、
 具体的に6W3Hで達成するのかを正確に述べることです。

3.目標達成のための実際的な計画を作る。⇒目標チャレンジシート
 このシートをあなたの体験、仕事上の知識を全て生かして計画の礎とするのです。

4.自分自身の能力とあなたの計画に対し、強い信念を持たなければなりません。
 この信念で、計画実施の、はっきり目標が具体的に目に浮かぶようにすることです。

5.失敗しても、失敗を繰り返す度に悲観しないで、その気持ちを乗り越えるようにする。
 仮に、何かの障害のため、計画がつまずいても、その時これなら出来ると言う
 確信を持てる別の計画を練り直せるバイタリティを持つことです。

6.周りの人や他人の言動に惑わされない。
 人の生活に対し非難をしたり、一所懸命に努力していることを、アレコレいう人が
 あなたを悩ますかもしれませんが、気にしないことです。

7.自分の活動に時間の制限をしない。
 特にリーダーシップの特性を身につけよう とするならば、
 成功のために必要なあらゆる時間を惜しんではなりません。

8.一つの事に、真剣に集中出来るように心掛ける。
 雑念の多い心では、考えや創造力を捜しだすのが不可能です。
 他人や周りの雑音(無責任な意見)を気にせず、自分の仕事に集中しなげればなりません。

立派なリーダーや優秀な営業マン達にとって自立心(自主・自発性)は成功の礎です。
自立的(自主的・自発的)な意識、言動は対立や不遇に耐えていく為の“バックボーン”となります。
それは当然、自分を磨き、又、仕事上で一層重大な責任を持てる能力を授けてくれるのです。

一方自立心を備えている人は、「あれをする時間が足りなくて困る」とは決して口に出しません。
実用的な計画を自分で作り、時間や才能を最大限に生かして使えるようにしています。
それが大きな信頼を創り、多くの人より支援を受けることにもなります。

上記した自立と共に“人を動かすのも、良し悪しに関らず他人からされるのも自らの力”
これを「※二分の一の法則」とし、人との触合いにいつも意識すると良いでしょう
(※印は、自作語句です)


二分の一の法則については、☜こちらをクリック。

    ブログパーツ  
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2998-cffd5626
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック