#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 対人関係力(管理指導者) -2.

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

管理指導者の対内「対人関係力」-2.

※【対内】とは、組織・社内・職場・店舗などで同一の目的を以って仕事に従事する人、場を指します。

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

対人関係力(管理指導者)

此処で言う、人の対人関係力は会社内や職場内の人々を対象にした「対内対人関係力」と、
お客様や患者さん・クライアント・取引先に関する「対外対人関係力」に二分出来ます。
この二つに共通する能力は、相手を思い遣る心の表現と伝達であり、
触合う相手を観察し、察知する洞察力、その他感謝心、先見力、寛容力、
知識情報力のようなその人の持つ感性や意識、スキルなどであり、
またそれを触れ合う相手の状況に合わせ適切に表現し、伝達する為に
必要とされる言語力や会話力、態度や所作、マナーなどがあります。

A.「対内対人関係力」

【ポイント】
部下と人として心で触合う時間を持ち、部下と向き合い観察する時間を取ることを積極的に実践。


4.知識・情報収集.

管理監督者・指導者して仕事に従事する者は、
出来る限り多方面に様々なアンテナを張り巡らし、
社会情勢、知識や情報収集ルートを常に作り、
適切に選択し伝えることを怠らないようにする。

同時に、自らの心身の活動を内省をすると共に、
未知の知識に対する向上心を以って学ぶ姿勢が必要とされる。

5.信頼される指導者になる.

信用は一つ築くと細胞が増えるのと同じように
どんどん増えて行くことをいつも自覚しておく。
その為には、最初の一つの信用をいかに築くかポイントです。
見返りを求めたり望んだりする行為をしないで、
意識や情報などを与える側に徹すること。
話す内容の自信と力強い信念のある話し方、
大切なことは厳しい内容であっても勇気を持って話し伝え、
自信のある判断や決断を示せる指導をすることです。

先ず原義を知るために大辞泉で検索すると
信頼」は、<信じて頼りにすること。頼りになると信じること。また、その気持ち。>
とあり、信頼と深く関わる「信用」については、
<確かなものと信じて受け入れること。
それまでの行為・業績などから、信頼できると判断すること。
また、世間が与えるそのような評価。>とあります。

言換えると「信用」は、実績の客観的評価であり、
その信用を根拠にその人や物が将来も安定して信じ続けられる、
ことである、という感情が「信頼」だと考えられます。

詰り、信用は自ら築いた「過去の成績」と捉えれば、
信頼は周囲から寄せられる[現在から未来への期待]と解せます。

この信頼の文字を分解してみると、
「人」 「心」 「口」 「束」 「頁」の文字で構成され、
この五つの文字を人間的、仕事上、組織・会社の夫々に当て嵌めて考えみますと、
「頁」の部分が以下のように解釈することが出来ます。

人間的な信頼の場合では、その人の持つ心の「頁」(人間性)の厚み、
即ち日々の人として大切な心や言動などの様々な生き方の「頁」を
一枚一枚の積み重ねであり、それを束ねることを意味し、
一方仕事上では、実績やスキル、取組み姿勢や言動などの
一つひとつを束ねたこと、店・組織・会社では
評判や歴史、人とモノを束ねたなどのことを意味すると考えられます。

と同時に上記した五文字の中で「頁」は、
信頼を紐解く上で大切なキーワードと考えられます。
即ち、このキーワードである「頁」の厚みは、
言い換えれば信頼の深さとも表現出来ます。


    ブログパーツ 

    以下、11月11日人間関係力(管理指導者) -3.に続く。

      ブログパーツ 
      関連記事
      スポンサーサイト
       

      コメント
      この記事へのコメント
      コメントを投稿する
      URL:
      Comment:
      Pass:
      秘密: 管理者にだけ表示を許可する
       
      トラックバック
      この記事のトラックバックURL
      http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/3004-b9361167
      この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
      この記事へのトラックバック