#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 対人関係力(管理指導者) -3.

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

管理指導者の対内「対人関係力」-3.

※【対内】とは、組織・社内・職場・店舗などで同一の目的を以って仕事に従事する人、場を指します。

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

対人関係力(管理指導者)

此処で言う、人の対人関係力は会社内や職場内の人々を対象にした「対内対人関係力」と、
お客様や患者さん・クライアント・取引先に関する「対外対人関係力」に二分出来ます。

この二つに共通する能力は、相手を思い遣る心の表現と伝達であり、
触合う相手を観察し、察知する洞察力、その他感謝心、先見力、寛容力、
知識情報力のようなその人の持つ感性や意識、スキルなどであり、
またそれを触れ合う相手の状況に合わせ適切に表現し、伝達する為に
必要とされる言語力や会話力、態度や所作、マナーなどがあります。

A.「対内対人関係力」

【ポイント】
部下と人として心で触合う時間を持ち、部下と向き合い観察する時間を取ることを積極的に実践。


6..向上心.

実際に行う際に必要と考えられるモチベーションを与え、
何故するのか?という目的を能力に合わせて理解させ、
まず、ワンランク上或いは少し上の仕事をさせてみる
相談、報告時の指導者(自分)の利用の仕方を教える。
相手の立場に立ち思考する(立場転換意識)を理解させ、
実際の具体的な例などを些細な事も含め加味して話しながら、
管理監督者・指導者(自分)の活用法、利用の仕方を教える。

7. 心のエンジンを動かす

心のエンジン自他感性

人は得てして、他人に評価して貰える心のエンジンに目が向いてしまいます。
ところがその元の自分と「向き合う」ための心のエンジンは動かそうとしようとしません。
本当に大切なのは、「自分と向き合う」エンジンを動かすことではないでしょうか。

このエンジンを動かすことで素晴らしい成果を
得られたのがスケートの「羽生選手」です。
私達は日々仕事や生活に追われ、
真摯に自分自身と向き合うことは中々出来ません。
自分自身を見つめる心のエンジンを発動させることを
疎かにしては進歩ないと思います。
ではどのようして己と向き合えば、よいのでしょうか?
今の自分に合った以下のことを参考にし考えてみてください。

1. 行いや思いについて実体を知る
2. 自分自身の強み弱みを知る
3. 好き嫌いの弊害を知る

4. 感情の理解、認識、調整、識別、利用を知る
5. 対人関係における平等と受容を知る
6. 自らの道徳やモラルの実際を知る

7. 自らのゴール(理想の自分)とその道を知る
8. 当たり前に知っていると思っている心の要素、
   思いやり・感謝・誠実・謙虚・立場転換と言ったことの語彙を知る
9. 行動を妨げている自分の心を知る

10.正しい判断基準の実体を知る
11.自己開示の方法と効果を知る
12.現在の心の所在が解り、本来の己の姿を知る

13.自分の心に警報が鳴った時、素直に原因を探せる
14.己の心にある好き嫌いやプライド、驕りを知る
15.自分と他人の様々な差異を知る
・・・など、まだまだあります。

今後の為にも人の上に立つ方が、この心エンジンを効率的に動かすことをお薦めします。
※また、折に触れ同等な立場で人生観や社会観を語ることも必要です。

以下、人間関係力(管理指導者) -4.に続く。

    ブログパーツ 
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/3005-5cb8b409
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック