#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) おもてなし・接客業務-診断

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

おもてなし接客-診断

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

おもてなし接客Q

高級クラブサポートスタッフモニタリング-集計例

自店舗を振返り見直す為や接客接遇応対改善などの参考にして下さい。

◆視点と観点

この報告書作成に辺り、どのような感性や視点・観点で観察し、
どのような基準で診断し、モニタリングを行なったかを記載します。

現在は、お店にお見えになるお客様は、様々な情報をI.Tから得られる時代となりました。
地域の環境もハイクラスの建物や店舗、様々なサービスが充実して来ていると感じます。
I.T情報の中でも顕著なのは、接客、接遇と言われる顧客サービス即ち付加価値に関連する様々な情報が、
良し悪しに関らず多く得られることです。

結果として、以前と違い付加価値サービスに対するお客様の意識や捕らえ方が、
大変高くなっていると言っても過言ではありません。

一方、飲食店(クラブ)などの消費の落ち込みは否めない現実としてあります。
サービス業界では、この二つことを鑑み、あらゆる方向からの自店自社の見直しや、
改革に着手し、今後の事業に対する新たなビジョン構築や様々な施策をしているのが現状です。

特にその中でも、接客の「おもてなし」「マナー」への取組みが多方面で多く見られます。
私自身も昨秋より接客・接遇に関する情報をネットで発信しておりますが、常にアクセス語の
ベスト5に「おもてなし」と「マナー」が入っております。
それだけ「おもてなし」や「マナー」への関心か深い証と言えます。

このような観点から貴店舗のモニタリングをさせて頂きました。
現在の感性豊かな顧客にマッチした、最高級クラブでしか味わうこと出来ない、
男性スタッフの上質のおもてなしは、商品であるホステスを「黒子役」として引き立たせるばかりか、
お見え頂いたお客様に独自の満足感と感動と余韻を
残し、再来店動機にも繋がります。

マナー本来の姿と言える「思いやりを表し伝える」ことは、お見え頂いたお客様は勿論、
ホステス、スタッフ同士も含めた相手との人間関係に必要不可欠なことです。
今回モニタリングを行う上で、高級クラブに勤務する男性スタッフの応対マナー、
おもてなしの態度を上記したような観点、視点とで観察致しました。

◇観察結果-抜粋


おもてなしの接客応対グラフ

おもてなしの接客応対白


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/3025-5fb7fd55
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック