#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 【承認欲求を満たす】認める活動

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

「認める心」が表れる、対面時の挨拶&メール

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

マズロー欲求5段階説1

円滑な人との関わり、繋がりや人材育成に決して欠かせないのが、
先ず一人の人間として「認める」と言う意識と態度、言動です。
それは、対面、非対面に関わらず「挨拶」や依頼した相手へ連絡のメール、
普段のお付合いや生活上でのSNSの「コメント」・「メッセージ」などに表れます。

例えば、対面時挨拶をしても「無視」された「糠に釘」の態度、
心の感じられない形だけと受止められる挨拶言葉や文言、
SNSツールで何らかの答が欲しくてメッセージを入れて
既読の表示がされているのに何のレスもないことが間々あります。

一般的な常識やマナーをある程度備えた社会人ならば、
SNSツールなどで喩えそのような方と友達になっても、
心に何らかのわだかまりが残り、心を繋ぎ和すること無く、
互いの心が嚙み合わず、御縁を育むことも出来ず、長続きしません。
最近話題になっている子供達の「いじめ」の要因に、
対象者を「認めず」「無視(スルー)」「無回答」などことからではないかと思われます。
こういったことが純な子供の心「心の闇」を創り出し、非行の起因になる場合もあります。

例えば、社会からも人間としても
皆から認められた立場の人であっても、
何らかの御縁を戴いた方へ自利、
感情や自己都合でといったことで
相手のことを考えず(≒思いやることなく)
無視・スルーをする人も多くないと思います。
そうできないからに人間らしいのでしょう。

特に、意識して注意しておくべきことは【感受性】の強い人に対しては、
認める】言行・態度に必ず表すべきだと体験しました。

社会人の場合は、自分に対し自信喪失、自己嫌悪、引き籠り、薬物依存、自殺の要因
対人関係では、多様なハラスメント、事件や犯罪に繋がる可能性もあります。


マズロー欲求5段階説緑1
※図は「人と繋がる講座」で使ったテキストより抜粋。

そのような行動や態度をとるのは、
• 相手に対して関心がないのか、
• 自分の領域に入れたくないのか、
• 公私ともに忙しいのか、
• 面倒くさいのか、
• 相手にしたくないのか、
• 人としての言動は理由があり認めたくないのか、
• 誰にでも「いい人」でいたいのか、
• 人の思惑、批評批判が気になるのか、
• 相手を軽視しているのか、
• 自己保身なのか、
• 情けをかけたくないのか、
• 断る勇気がなく、断ると不安だから、
• 後々義務や責任を負うのが嫌だから、
• 親しくなる必要がないのか、
• 無視(シカと)することが恰好良いから、
など、と言ったことから、挨拶やレスをしないのではないかと推測します。

即ち、利己の表れそのものであると同時に
何らかの見返りを心のどこかで求めているとも考えられます。

現在の社会は、個々人の自利や保身が優先し、
個人を人として「認める」意識の欠如にあると思われます。

結論として、この「認める」と言う言動や態度・意識は、
対人関係になくてはならない【】即ち「思いやり」「利他心」の表れであり、
それは「情けは人のためならず」、或は「因果応報」に繋がると思われます。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/3026-c91d626e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック