接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  挨拶力診断シート-(2) 挨拶は「心」と「心」の潤滑油

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

挨拶の大切さ、役割の再認識

お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

挨拶のひと言

人との関わりの始まりの挨拶について、戦後から時代の流れに沿って振り返ってみると、
20世紀後半位迄は、親兄弟は勿論のこと、親戚間や隣近所、職場の人や仲間と言った人同士で、
何かにつけ協力し、助け合う親しい間柄で在りたい思う人達が多かったように感じます。

今の個の社会になり、「人は人、自分は自分」と考える人も増加しているとも思います。
同じエリアに住んでいても、互いに挨拶を交わす機会も少なくなっているのが現状です。

このような時代の変化と世代による意識の変化は、「人と人との潤滑油」であり
「サービスやおもてなしの始まり」である≪挨拶≫を軽視し、
自ら進んでしない人の増加と相互に影響し合い、
日本人の「人間関係力」を希薄なものにしている要因の一つのように思います。

また、大きな組織や会社になればなるほど、同じ社名のI.D.を付けている職員・社員同士でも
面識のない人とは、ひと言も挨拶を交わさない場合や同じ部署に勤務していても、
自ら進んで≪挨拶≫を行わない傾向が強いのではないかと思われます。

会社(カンパニー)の語彙は、人々(同じ目的を持った)が集う場所、集団、仲間とあります。
会社の一員として、人間としても≪挨拶≫の果たす役割は大切で大きいと認識すべきです。
外部から見た場合でも、社員同士の挨拶がきちんとしている組織や会社は信用されます。

人々が何らかの目的や目標を持ち集う場で、面識の有無に関わらず、
直にその目的に関する話題を始めることはまずありません。
人との触合いやお付合いに於いて、最初に互いの姿を確認した際、
仕草や言葉を用い、互いの存在を認め合う色んな態度・行動(印)をします。
手を振ったり挙げたり、アイコンタクトしたり、お辞儀や黙礼をしたり、
 柔和表情や笑顔になったり、目と目で合図したり、
 「やぁ」のひと声=ひと言をかけたリ、ホディアクションなど。
 一身体程度の距離に近づき、接近して話し始める際も、
特定の仕草や態度、言葉でお互いに会話やお喋りをしはじめます。
このような一連の仕草・態度・言葉を総称し≪挨拶≫と言い、その能力を≪挨拶力≫と言います。

この挨拶力を修得することは大切な人間関係に不可欠であり、社会人としての必須条件の一つです。
と同時に、挨拶はあらゆる「おもてなし」のスタートであり、「原点」でもあるのです。

「会」は「人」と「云」ので組み立てられ、人偏にすると「伝える」に変化します。
即ち挨拶は思っているだけでは生かされず、「表現」「伝達」してこそ活かされるのです


“挨拶は人と人、心と心の潤滑油”

下の、≫続きを読むに、挨拶力【診断(CH)リスト】があります

    ブログパーツ
    挨拶力診断-抜粋

    【評価】 4=よく出来ている、3=出来ている、2=時々、1=僅かに、0=出来ていない

    1. 思いやりの気持ちで、挨拶をしていますか?
    2. 一期一会の心で挨拶をしていますか?
    3. 挨拶時のアイコンタクトの役割を自覚し、実行していますか?
    4. 相手に伝わる挨拶をしていますか?(伝わったかどうかを確認していますか)
    5. 挨拶時の口調に心を表していますか?

    6. 相手や内容によって挨拶時の口調を変えていますか?
    7. 挨拶時の声量はその場に合わせて変えていますか?
    8. 一声ではなく「人声」で、挨拶をしていますか?
    9. 挨拶にあなたの「人となり」が出ることを認識して行っていますか?
    10. 挨拶をした瞬時に、相手の心身の状態を察知するようにしていますか?

    11. 挨拶時に相手の反応を見ていますか?
    12. 時、場面、相手に合わせた挨拶の使分けが出来ますか?
    13. あなたの挨拶で仲間や会社が評価されることを認識していますか?
    14. 季節や季語を挨拶に取り入れていますか?
    15. 「・・・しながら」の挨拶を避けていますか?

    16. 場合により挨拶する相手の名前を先にしたり、最後にしたりしていますか?
    17. 挨拶がひと言だけにならないよう意識して行っていますか?
    18. 挨拶は自発的、積極的に的にしていますか?
    19. 挨拶の種類別の役目・役割を知り行っていますか?
    20. 挨拶に感情や心のポジションが出ることを弁えていますか?

    21. その場の空気や温度に合せた挨拶が出来ますか?
    22. 相手の個性・資質に合わせた挨拶が出来ますか?
    23. 相手に自然に答えさせる挨拶が出来ますか?
    24. 相手の年齢に合わせた挨拶が出来ますか?
    25. 他の人と一味違った個性的な挨拶が出来ますか?

    26. 心と印象に残り、余韻を与えられる挨拶が出来ますか
    27. 挨拶言葉に自らの心や姿勢を表現するようにしていますか?
    28. いつ誰に対しても変らない挨拶が出来ますか?
    29. 当たり前だと思ってしている挨拶を時々見直していますか?
    30. 自らの挨拶を第三者の目で見ていますか?
      ・・・・・・・・など。

    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/3033-c967684b
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック